《ヘクサ・トルーデ/Hexe Trude》

効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2600/守2100
(1):フィールドゾーンに「シュトロームベルクの金の城」が存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):1ターンに1度、フィールドゾーンに「シュトロームベルクの金の城」が存在する場合、
このカード以外のフィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、このターンこのカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
(3):このカードが戦闘でモンスターを破壊した時、
自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は400アップする。

 COLLECTORS PACK 2018で登場した闇属性魔法使い族最上級モンスター
 特定条件下でリリースなしで召喚できる召喚ルール効果フィールドのカード1枚を破壊し、自身に対モンスター限定で2回攻撃を付与できるようにする起動効果相手モンスター戦闘破壊した時に自分モンスター1体の攻撃力を上げる誘発効果を持つ。

 (1)によりリリースを無視して召喚できる。
 《シュトロームベルクの金の城》リクルート効果通常召喚は両立できないため、基本的にはリクルートを狙う方が良い。
 よってこの効果は、手札に来てしまった場合の事故対策と考えるのが良いだろう。
 《虚無空間》などで特殊召喚を封じられた場合にも展開でき、(2)の効果破壊することができるので突破口となり得る。

 (2)はフィールドのカード1枚破壊モンスター限定の2回攻撃能力付与。
 プレイヤーカードの種類を問わず破壊できるので使い勝手が良い。
 場合によっては大量の維持コストを要する《シュトロームベルクの金の城》破壊してしまってもよいか。
 《盆回し》相手フィールド《歯車街》などの破壊された場合の効果を持つカードセットし、自分《シュトロームベルクの金の城》セットリクルート効果でこのカードを出すことでそのカード破壊効果を利用することもできる。

 (3)は相手モンスター戦闘破壊した時の単体強化
 上昇幅は400とそれほど大きくないものの、このカードに使えば攻撃力3000と十分な値に達し、(2)の連続攻撃との相性も良い。
 強化対象はこのカードでなくてもよく、強化は永続であるため次のターン以降も持続する。

  • モチーフは『グリム童話』に収録されている童話「トゥルーデおばさん」だろう。
    ふしだらな少女が両親と大喧嘩し、当てつけの様に(会いに行ってはいけないと教え込まれていた)トゥルーデという女性に会いに行くという話である。
    非常に短い内容ながら意味深な描写が多く、トゥルーデおばさんの正体も魔女(ヘクサ)のようではあるがはっきりとしないまま物語は終わる。
    最終的にトゥルーデおばさんは少女を薪に変えて火にくべる事で暖を取っており、他のカード破壊して自身の強化に繋げる(2)や(3)の効果はそれをモチーフにしたのだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:(2)の効果メインフェイズ2に発動できますか?
A:できます。
  ただし、メインフェイズ2で発動した場合には、(2)の効果適用されてもバトルフェイズが終了していますので、攻撃を行う事はできません。(18/05/11)

Q:(2)の効果《シュトロームベルクの金の城》破壊した場合、このカードモンスター2回攻撃する事はできますか?
A:できます。(18/05/11)


Tag: 《ヘクサ・トルーデ》 モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 魔法使い族 攻2600 守2100

広告