《ヘル・ツイン・コップ/Stygian Sergeants》

シンクロ・効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻2200/守1800
悪魔族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
このカードは、バトルフェイズ終了時まで攻撃力が800アップし、
もう1度だけ続けて攻撃できる。

 遊戯王5D's WORLD CHAMPIONSHIP 2010 - Reverse of Arcadia 付属カードで登場した闇属性悪魔族シンクロモンスター
 モンスター戦闘破壊した時に自身の攻撃力をアップして連続攻撃できる誘発効果を持つ。

 シンクロ素材悪魔族チューナーを指定するが非チューナーには指定は無い。
 そのためサーチしやすい《レッド・リゾネーター》から適当なレベル3を並べるだけでシンクロ召喚が可能になる。
 《切り込み隊長》《ゴブリンドバーグ》から対応するレベル悪魔族チューナー特殊召喚するのも良い。
 《DDラミア》使用する【DD】《インフェルニティ・リベンジャー》を有する【インフェルニティ】でも比較的簡単にシンクロ召喚できる。

 元々の攻撃力はやや低いが、下級モンスター戦闘破壊するには十分な数値であり、その後は連続攻撃効果により追撃もできる。
 その際は攻撃力3000まで上昇し、下級モンスターを足がかりに上級モンスター以上の戦闘破壊直接攻撃も可能となる。
 ただし相手ターンでは攻撃力2200に戻り、耐性も無いので返しのターン戦闘破壊カードの効果除去されやすい。
 効果の発動後の直接攻撃時に《冥府の使者ゴーズ》を出されると、攻撃力3000の冥府の使者カイエントークンも生成されてしまい非常に危険。
 ライフを削りきれずに相手ターンを渡す時は十分な対策を用意しておきたいところ。

 活躍の幅は狭くないものの、レベル5には《HSRチャンバライダー》というシンクロモンスターが存在する。
 モンスター戦闘破壊せずとも連続攻撃でき、シンクロ素材にも縛りが無いなど、汎用性の高さではあちらに軍配が上がるだろう。
 こちらは大ダメージを見込める効果であるため、用途で差別化を行い、適所で出すことであちらにはできない働きをさせたい。

  • アニメにおけるカード名の元ネタは、アメリカで放映されていたテレビドラマシリーズ「白バイ野郎ジョン&パンチ」と思われる。
    OCG化される際に、名前から「ジョー&キック」の部分が削られた理由は不明だが、著作権上の理由で意図的に削ったとも考えられる。
  • 牛尾には「泣く子も黙る双子の野獣刑事(デカ)」と称されていた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果になります。(10/02/18)

Q:攻撃力が上がるのはどのタイミングですか?
A:このカード誘発効果効果解決時攻撃力が上がります。(10/02/18)

Q:相手ターンにこのカードモンスター戦闘破壊した場合、攻撃力が上がる効果だけが適用されますか?
A:はい、その場合でも効果発動でき、攻撃力をアップすることができます。(10/03/04)


Tag: 《ヘル・ツイン・コップ》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 悪魔族 攻2200 守1800

広告