《ヘルフレイムゴースト/Infernal Flame Vixen》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/炎族/攻2200/守2000
炎族レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力は相手のエンドフェイズ時まで500ポイントアップする。
また、攻撃力2500以上のこのカードが破壊された時、
お互いの墓地のモンスターを合計3体選択してゲームから除外する。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−で登場した炎属性炎族エクシーズモンスター
 自己強化する起動効果と、特定条件下で墓地除外を行う誘発効果を持つ。

 元々の攻撃力は2200だが、前半の効果により《ジェムナイト・パール》を上回る実質攻撃力2700として運用できる。
 しかし、単に打点目的なら《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》などの方が優秀である。

 後半の効果は、墓地モンスター除外できるが、発動条件破壊された時と受動的な上に、攻撃力を上げなければ使えないので召喚直後に破壊されると基本的に発動できないのが難点。
 参照するのはフィールドでの攻撃力なので、《バーニングブラッド》発動しておいたり《スキル・サクセサー》などをチェーンすれば対応できるが、召喚自体を無効にされるとそれすらも叶わない。
 自分から破壊しなければ能動的な除外は難しく、相手破壊された時は既に除外するのは手遅れになる場合が多い。
 無論、《鳥銃士カステル》効果などで破壊すらされなければ、効果もまともに活かせなくなる。
 単に墓地除外目的ならば、即効性のある《No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》を使う方が良い。

 このようにエクシーズモンスターとしての性能でもあまり優れているとは言えないが、一番の問題は縛りの関係からエクシーズ召喚しづらい点である。
 【炎族】では《炎の精霊 イフリート》等のエクシーズ素材にしやすいモンスターもいるが、カード1枚でエクシーズ召喚に繋げる手段が乏しい。
 エクシーズ召喚時の消費が多いと、自身の効果カード・アドバンテージに直結しないこともあり、ディスアドバンテージの回復が難しくなる。
 一応、《レスキューラビット》から《ジェムナイト・ガネット》リクルートできる【ジェムナイト】や、《真炎の爆発》を利用できる【ラヴァル】では、少ない消費でのエクシーズ召喚が可能ではある。
 だが、これらは炎族統一デッキではないためにエクシーズ召喚の機会は限られており、エクストラデッキの圧迫も激しく優先順位は非常に低い。

 あらゆる点で中途半端であり、わざわざ縛りのない他のエクシーズモンスターを差し置いてまでの採用が難しいのが現状である。
 【炎族】《群雄割拠》等を使う場合に、数合わせで投入するのが限度だろうか。

  • 元々は、海外版Cosmo Blazerで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。
  • 英語名の「Vixen」は「雌狐」、「口のやかましい女性」、「意地の悪い女性」を意味する。
  • 海外版のイラストではわずかに暗い色の炎が胸を覆うように描かれていたが、日本版ではなくなっている。
    腹部も日本版ではへそを露出しているかのようなデザインに変更されている。

関連カード

エクシーズ素材にできるレベル4の炎族モンスター

―自身の効果レベル4・炎族になれるモンスター

収録パック等


Tag: 《ヘルフレイムゴースト》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク4 炎属性 炎族 攻2200 守2000

広告