《ベクター・スケア・デーモン》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2400
【リンクマーカー:上/右/左下】
サイバース族モンスター2体以上
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに、
破壊したそのモンスターを特殊召喚する。
この効果で相手フィールドにモンスターを特殊召喚した場合、
このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

 EXTREME FORCEで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 戦闘破壊墓地へ送った相手モンスター蘇生させる誘発効果を持つ。

 コストとして自分モンスター1体をリリースする必要があるが、自分フィールド蘇生させれば1:1交換は成立する。
 蘇生したモンスターには一切の制約が課されないので、そのままアタッカーとして追撃を行ったり、モンスター効果を利用するのもよい。
 攻撃力がやや低いため、強化する効果も併せて使っておきたい。

 エクストラモンスターゾーンに出している場合、相手メインモンスターゾーン蘇生させて追加攻撃する事も可能ではあるが、ボード・アドバンテージ上は損失となる。
 攻撃力が低いモンスター攻撃表示蘇生させ、追加攻撃で大きな戦闘ダメージを与えるという使い方になるか。
 表示形式は選べるので、低いステータス表示形式蘇生させ、戦闘破壊効果トリガーとするモンスター攻撃させるのも手。

  • コンピュータ関連用語としては「スケアウェア」というものがある。
    「スケアウェア」とは、ユーザーの恐怖心を煽って金銭を騙し取ったり、個人情報を自白させるマルウェアの一種である。
    ベクターデーモンという名前や闇属性なのは、このスケアウェアがコンピュータウイルスの一種として知られているためであろうか。
    なお、デーモンにもコンピュータ関連用語で、OSの裏で雑務を行う「デーモンプロセス」やメールの送信に失敗したときにエラーを返す「MAILER-DAEMON」などがある。
    PC用語の「ベクター」については《竜魔王ベクターP》を参照。
  • 「Storm Access」で入手した際、このカードと思われる手がデータストームの渦から出現する演出が見られた。
  • LINK VRAINS内ではなく、SOLテクノロジーのコンピュータ内で手に入れた為か、これまでPlaymakerが「Storm Access」で入手したカードの中でも少々禍々しいデザインになっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ベクター・スケア・デーモン》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク3 闇属性 サイバース族 攻2400 デーモン

広告