《ベビー・トラゴン/Baby Tiragon》

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/地属性/ドラゴン族/攻 900/守 900
レベル1モンスター×3
自分のメインフェイズ1でこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
自分フィールド上に表側表示で存在する
レベル1のモンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択したモンスターは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した地属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 エクシーズ素材を取り除き、レベルモンスター直接攻撃能力を付与する起動効果を持つ。

 効果を活用するにはエクシーズ素材3体に加え、更に直接攻撃させるレベルモンスターの計4体が必要である。
 またレベル1のモンスターは基本的に攻撃力が低く、直接攻撃によるダメージは少なくなりがちである。
 レベル1のモンスター直接攻撃させたいだけならば、サーチも容易な《光学迷彩アーマー》の方が圧倒的に扱いやすい。

 比較的攻撃力が高くなる機皇帝【ワイト】【サクリファイス】等のデッキでは、エクシーズ素材であるレベル1を3体並べるのは難しい。
 優先度は低くなるものの、【ダストン】【金華猫】のようなランク1を大量に採用できるデッキならば、高攻撃力になるレベルモンスターを用意することはできるので採用する手はある。
 《超量妖精アルファン》を出し、《超量妖精アルファン》自身を選択して効果を使えば全モンスターレベルを1にでき、攻撃力の高いレベル1とエクシーズ素材を同時に確保できる。

  1. 《ジャンク・シンクロン》召喚し、効果レベルモンスター蘇生
  2. 《ブースト・ウォリアー》を自身の効果特殊召喚し、《地獄の暴走召喚》で3体並べる。
  3. 《ジャンク・ウォリアー》シンクロ召喚し、効果チェーンして《星蝕−レベル・クライム−》を発動する。
  4. 《ブースト・ウォリアー》3体で《ベビー・トラゴン》をエクシーズ召喚し、攻撃力9100となった《ジャンク・ウォリアー》直接攻撃能力を与える。

もしくは、《ジャンク・シンクロン》《ブースト・ウォリアー》蘇生して《地獄の暴走召喚》を使用しても良い。
その場合、《ジャンク・ウォリアー》シンクロ召喚には《ボルト・ヘッジホッグ》を使うと良いだろう。
手札カードは1枚少なくて済むが、《ジャンク・ウォリアー》攻撃力は7900になるためもう100ポイントのダメージが必要となる。
《光学迷彩アーマー》を使わない分手札消費は少ないが、コンボパーツは《ジャンク・ウォリアー》への依存が非常に強く、それぞれ単独では事故要因となりうる。

  • 黄色や黒の縞の毛皮からおそらくカード名は動物のトラとドラゴンをかけているものと思われる。
    似たモチーフを持つモンスター《タイガードラゴン》が存在する。
    あちらはまさに「虎柄の龍」だが、こちらは猫科の意匠を持つ可愛らしいデザインになっているため、トラをモチーフとしているいうよりトラネコがモチーフであろう。
    海外では角が消されている。
  • 漫画版では徳之助が遊馬戦の前に倒した対戦相手デッキからこのカードを回収している。
    徳之助は幼少期からこのカードを所持しているので、アンティではなく、遊馬戦と同じ戦術を使ったと思われる。

関連カード

―《ベビー・トラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:既に直接攻撃効果を与えたモンスターや、元々直接攻撃可能なモンスターに対してこの効果を使用できますか?
A:いいえ、できません。(12/09/19)

Q:モンスター効果を得た後で《スキルドレイン》発動した場合、直接攻撃能力は失われますか?
A:いいえ、直接攻撃能力は失われません。(12/04/05)


Tag: 《ベビー・トラゴン》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク1 地属性 ドラゴン族 攻900 守900

広告