《ペンデュラム・ディメンション》

永続罠
(1):このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、
自分がPモンスターを素材として以下のモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターン、自分の「ペンデュラム・ディメンション」の効果で同じ効果を適用できない。
●融合:デッキから元々のレベルがその融合モンスターと同じモンスター1体を
効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
●S:デッキから「融合」1枚を手札に加える。
●X:デッキからそのXモンスターのランクの数値以下のレベルを持つ
チューナー1体を手札に加えるか特殊召喚する。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編6−で登場した永続罠
 ペンデュラムモンスターを素材に使用して融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスター特殊召喚した場合に発動できる3種類の効果を持つ。

 ペンデュラムモンスターを素材に各種召喚法を行うことで、それぞれ異なる効果発動できる。

 融合モンスター特殊召喚した場合の効果は同レベルリクルート
 エクシーズ召喚に繋がり、ペンデュラムモンスター特殊召喚すれば、エクシーズモンスター特殊召喚した場合の効果に即座に繋がる。
 融合召喚でなくとも良く、《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》ならペンデュラムモンスターを素材に特殊召喚しやすい。

 シンクロモンスター特殊召喚した場合の効果《融合》サーチ
 《EMオッドアイズ・シンクロン》なら容易に条件を満たせる。
 しかし、《融合》自体のサーチ手段は多く、融合召喚でなくとも融合モンスターに繋ぐ方法はあるので、この効果は狙う必要は薄い。
 もっとも、手札が増えて困ることはないため、手札コスト目的で使うのも手だろう。

 エクシーズモンスター特殊召喚した場合の効果チューナーサーチリクルート
 ランク以下のレベルチューナーサーチリクルートできるが、チューナーの多くが下級モンスターであることを考えれば、ランク4をエクシーズ召喚すれば十分だろう。
 《レスキューラビット》などを使えば容易に条件を満たせ、リンク先を確保していればシンクロ召喚に繋げられる。
 しかし、融合召喚からエクシーズ召喚シンクロ召喚から融合召喚へと繋ぐことができる前の2つの効果とは異なり、エクシーズモンスターチューナーからシンクロ召喚へは繋げないため運用には工夫がいるだろう。
 《EMオッドアイズ・シンクロン》ペンデュラムゾーンモンスターシンクロ召喚でき、《融合》サーチが可能になる。
 単に《灰流うらら》等の手札誘発モンスターサーチして次のターンに備えるのも良いだろう。

 ペンデュラムモンスター主体で融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターも使用する【オッドアイズ】【DD】【竜剣士】ではいずれの効果も狙いやすい。
 【セフィラ】《セフィラの神託》と条件が共通しており、併用しやすい。

  • 「ディメンション(Dimension)」は、次元という意味であり、意訳すると「ペンデュラム次元」という意味になる。
    アニメARC-Vでは、世界はスタンダード次元、融合次元、エクシーズ次元、シンクロ次元の4つの次元に分かれているとされており、融合シンクロエクシーズモンスターを参照する効果はこのスタンダード次元以外の3つの次元を表していると思われる。
    また、ズァークの事件後、スタンダード次元は「ペンデュラム次元」という4つ目の新たな次元となった。
    カード名の由来はここにあると思われる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:ペンデュラムモンスターコストとしてリリース《融合呪印生物−闇》の(2)の効果融合モンスター特殊召喚しました。
  《ペンデュラム・ディメンション》の効果の発動を行い「●融合:」を適用することはできますか?
A:《融合呪印生物−闇》効果発動する際にリリースしたモンスター融合素材としては扱われません。
  したがって、ご質問の状況ですと、《ペンデュラム・ディメンション》の効果適用することはできません。(19/11/10)


Tag: 《ペンデュラム・ディメンション》 永続罠 ペンデュラム

広告