《ホープ・オブ・フィフス/Fifth Hope》

通常魔法
自分の墓地の「E・HERO」と名のついたカードを5枚選択し、
デッキに加えてシャッフルする。
その後、デッキからカードを2枚ドローする。
このカードの発動時に自分の手札・フィールド上に他のカードが存在しない場合は
カードを3枚ドローする。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した通常魔法
 E・HERO《貪欲な壺》
 デッキ戻すカードE・HERO限定になったが、自分フィールド及び手札に他のカードが存在しない場合3枚ドローできる。

 《貪欲な壺》に勝っている点が、非常に限定的な状況下でのドロー枚数増加だけというのは厳しい。
 追加のドロー1枚のために、「自分フィールドが空で手札がこのカードだけ」などという絶体絶命の状況になるまでこのカードを取っておくのはあまりにリスクが大きい。
 また、自然とそのような状況になったのではドローできても逆転は難しい。
 《超融合》などを引ければ手札3枚でも一気に劣勢を覆すことは可能だが、メリットとしては微々たるものだと言える。
 ドロー追加効果は「【コンタクト融合】のようなデッキで使えればラッキー」くらいに思っておき、純粋に《貪欲な壺》の代用と考えるのが現実的か。

 3枚目以降の《貪欲な壺》として戦術の中核を担わせられる反面、【E・HERO】や派生デッキに大抵入れられている《沼地の魔神王》のような補助モンスターM・HERO系統が数に含められないデメリットを抱えており、構築によってはこの点が大きく響いてくる。
 ただHEROを多用するだけなら、融合モンスター限定ではあるものの必要枚数が少ない《HEROの遺産》が存在するので、あえてこちらを使うならばメインデッキHEROを戻せることに着目したい。

 エクストラデッキを使うにせよ使わないにせよ、このカードを使うならとにかく展開力を高めることが重要となる。
 真っ先に挙げられるのは《E・HERO ブレイズマン》などを使い、手札融合を中心にした【E・HERO】だが、エクシーズモンスターを軸にした場合や、【E・HEROビート】【ネオスビート】辺りでも比較的扱いやすい。
 エクストラデッキE・HEROデッキに戻せる為、E・HEROが足りないと感じたら融合召喚サポートカード《E・HERO ガイア》等を混ぜておけばよい。

 墓地融合を行う《ミラクル・フュージョン》とは墓地リソースを食い合うため相性が悪く、手札融合一本に絞ってやるとデッキが組みやすい。
 《ミラクル・フュージョン》と併用するならば、《E・HERO ボルテック》のような帰還手段を用い、かつ手札融合を行えるデッキにすると理想的だろう。

  • アニメでは手札にこのカードしかない状態からでなければ適用できず、更に1枚ドローする効果だった。
    また、イラストは全体的に暗くアニメ調になっており、立ち位置が若干異なる。
  • 第3期以降頻繁に使用されたカードだが、3枚のドローが行われたのは上記の「vs斎王」(1戦目)と「vsプロフェッサー・コブラ」戦の2回のみである。

関連カード

墓地カードデッキ戻しドローする効果《貪欲な壺》を参照

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:融合モンスターエクストラデッキに戻せますか?
A:はい、可能です。(08/05/21)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果墓地のこのカード効果発動する際に自分手札フィールド上にカードが存在しない場合に3枚ドローできますか?
A:いいえ、3枚ドローできるのはこのカード発動時に他のカードが存在しない場合ですので、《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果でこのカード効果の発動のみを行う場合は3枚ドローできず2枚ドローになります。(12/06/23)

Q:以下のカード効果で、対象カードが全てエクストラデッキに戻った場合、効果ドローする前にデッキシャッフルしますか?
A:《炎帝近衛兵》
《星因士 シリウス》
《聖騎士の三兄弟》
《ナチュル・マロン》
《氷結界の輸送部隊》
《ダイガスタ・エメラル》
《金満な壺》
《グラディアル・リターン》
《貪欲な壺》
《貪欲で無欲な壺》
《ホープ・オブ・フィフス》
《竜星の輝跡》
《サイコ・チャージ》
《TGX3−DX2》
《貪欲な瓶》:デッキカードが1枚も戻っていないのであれば、そのデッキシャッフルせずに効果処理を行います。(16/01/25)


Tag: 《ホープ・オブ・フィフス》 魔法 通常魔法

広告