《ホワイト・ホール/White Hole》

通常罠
相手が「ブラック・ホール」を発動した時に発動する事ができる。
自分フィールド上に存在するモンスターは、その「ブラック・ホール」の効果では破壊されない。

 BOOSTER4で登場した通常罠
 対《ブラック・ホール》カード

 相手《ブラック・ホール》を使うのは、相手フィールドモンスターがいない時が多い。
 そのためこのカード発動できたとしても、実質《ブラック・ホール》無効にしただけになってしまう。
 特定のカードにピンポイントのメタを張るより、汎用性が高い《スターライト・ロード》《我が身を盾に》、他効果無効にするカウンター罠等を入れた方が良いだろう。
 自分《ブラック・ホール》に対しては使えず、《ブラック・ホール》を擬似《サンダー・ボルト》のように使うのも不可能である。
 また、機皇帝特殊召喚トリガーに利用するなど、相手が「自分モンスター破壊する」事を主目的として《ブラック・ホール》を発動してくる場合にもこのカードでは完全に対処できない。

 一応、ホールと名のつく通常罠であるため、《トリオンの蟲惑魔》サーチしたり《フレシアの蟲惑魔》デッキから効果を利用できる。
 ピン挿ししておけば《フレシアの蟲惑魔》《ブラック・ホール》除去されそうになった際に効果を利用できるため、投入する意味はある。
 しかし、素引きして腐るリスクに対して得られるメリットが小さすぎるため、やはり採用されることは無い。

  • 「ホワイトホール」とは、全てを吸い込む「ブラックホール」の対として、全てを吐き出す性質を持った天体だとされる。
    SFなどでは、「ブラックホールに吸い込まれた物体の出口」として用いられる事も多い。
    天文学において、理論上存在が確実視されていて実際に観測されたブラックホールとは違い、数学的解釈により想像された架空の天体に過ぎず、現実には存在しないとする説が多く支持されている。
    アニメGXでは、破滅の光の波動が噴出された元としてこの名前が挙げられているが、関係があるかは不明。

関連カード

―特定カードへのメタカード

―《ホワイト・ホール》が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上に《E・HERO ワイルドマン》《サファイアドラゴン》《アトラの蟲惑魔》表側表示で存在している時に相手《ブラック・ホール》発動チェーンしてこのカード発動した時、どのモンスター《ブラック・ホール》効果破壊されますか?
A:その場合ですと《E・HERO ワイルドマン》《アトラの蟲惑魔》破壊され、《サファイアドラゴン》破壊されません。(13/04/25)


Tag: 《ホワイト・ホール》 通常罠 ホール

広告