《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン/White-Horned Dragon》

効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2200/守1400
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手の墓地の魔法カードを5枚まで対象として発動する。
そのカードを除外し、このカードの攻撃力は
その除外したカードの数×300アップする。

 Vジャンプ(2005年11月号) 付属カードで登場した闇属性ドラゴン族上級モンスター
 相手墓地魔法カード除外して自己強化する、強制効果誘発効果を持つ。

 元々の攻撃力は高くはないが、自己強化により最大で3700まで上がるため《お注射天使リリー》《超伝導恐獣》をも上回り、上級モンスターとしては単体ではトップクラスの攻撃力となりえる。
 相手依存ではあるが、魔法カードを使用しないデッキ【フルモンスター】等のごく一部のみのため、最大値に拘らなければ大きな問題は無い。
 むしろ、最近の環境では序盤からサーチ系の魔法カードを多用するデッキが少なくないため、2〜3枚程度ならすぐにでも達成できる事が多い。

 相手墓地魔法カード除外するため、墓地魔法カードサルベージして使いまわす【シャドール】【ジェムナイト】【コアキメイル】墓地魔法カードの数を参照とする【閃刀姫】などへのメタとなる。
 また、近年では《ギャラクシー・サイクロン》や追加効果付きの儀式魔法などの「墓地から除外することで効果を発動する魔法カード」が増加し、特定のテーマカテゴリでそういったサポートカードを抱えているデッキも少なくないため、それらへの妨害能力が期待できる。

 その他、闇属性であるため、《ライトパルサー・ドラゴン》《ダーク・クリエイター》モンスター効果蘇生でき、またウイルスカード媒体にもできる。
 闇属性ドラゴン族は層が薄いため、打点しか強化できず特殊召喚効果等もないとはいえ3000を超える攻撃力を容易に作り出せるこのカードはなかなか有用である。
 自身を発動コストにできる上、相手魔法カードを大量に墓地へ送る事ができる《闇のデッキ破壊ウイルス》とのシナジーは抜群である。
 特殊召喚の際にも発動できるため、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《竜魔人 キングドラグーン》からの特殊召喚候補に入る。

  • 原作での能力をOCG風に記すと以下の通り。
    一度だけの攻撃抑制と、攻撃力上昇能力を兼ね備えたモンスターであった。
    効果モンスター
    星6/?属性/ドラゴン族/攻2200/守1400
    このカードに攻撃した相手モンスターの魔法攻撃を無効にし、
    このカードの攻撃力は、攻撃モンスターの攻撃力分アップする。
    このカードが攻撃したダメージ計算後に、効果で得られた攻撃力は失われる。
    この効果は、フィールドにいる限り1回しか使えない。
  • 魔法攻撃という区分をOCGで再現するのはさすがに無理があったのか、OCG化に際して全く別物の効果となっている。
    しかし「相手の魔法を1度だけ吸収して攻撃力を上げる」という点でイメージは保たれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手墓地魔法カードがない状況で召喚・特殊召喚に成功した場合、効果発動しますか?
A:強制効果のため発動しますが、対象が存在しないため処理を行うことができず、適用されません。(14/05/08)

Q:除外する魔法カードを選択できるのは効果発動時ですか、効果処理時ですか?
A:効果発動時に選択します。(08/05/29)

Q:除外する効果対象をとりますか?
A:対象をとります。(08/05/29)


Tag: 《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 ドラゴン族 攻2200 守1400

広告