《ボーガニアン/Bowganian》

効果モンスター
星3/闇属性/機械族/攻1300/守1000
自分のスタンバイフェイズ毎に相手ライフに600ポイントダメージを与える。

 混沌を制す者で登場した闇属性機械族下級モンスター
 自分スタンバイフェイズ毎に相手ダメージを与える誘発効果を持つ。

 効果発動自分スタンバイフェイズと遅く、《ステルスバード》《プロミネンス・ドラゴン》に比べてダメージ効率が悪い。
 またステータスの微妙な高さから、《明鏡止水の心》も装備できない。

 機械族なので《群雄割拠》適用下で《マジック・キャンセラー》と共存できるのは大きい。
 これをフル活用したのが【ジャマキャン】である。

 いずれにせよ、使用する際には種族サポートや《レベル制限B地区》等のロックカードを用意したい。
 レベル3かつ攻撃力1500未満、加えて闇属性なので《キラー・トマト》からのリクルートに対応し、《レベル制限B地区》《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》《平和の使者》の影響下でも攻撃が可能。
 この点では役割の重複する《プロミネンス・ドラゴン》に勝っている。
 フィールドに存在するだけで相手ライフを削り取れるため、相手フィールド伏せカードをがある時は、無理に攻撃する必要はないが。
 《アルケミー・サイクル》等で攻撃力を下げれば、《機械複製術》ダメージを増やせる。

  • モデルは「ボーガン(Bowgun)」だろう。
    しかしこれは和製英語であるため、英語名は「Bowganian」となっている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは、原作通り闇マリクが使用してくる。
    ライフ4000の世界での600ダメージは痛い。
    EXステージでは《拷問車輪》まで使用するため、攻撃まで止められるとあっという間にライフが削られる。
    最強カードバトル!では悪魔族バーンデッキの初期段階である「闇のデーモン LV1」のエースモンスターとして設定されている。
    作中ではマリクが裏レジェンドマッチにて「闇の人格の残した闇のデッキ」のモンスターの1体として使用し、専用ボイスも収録されている。

関連カード

―《ボーガニアン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ボーガニアン》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 機械族 攻1300 守1000

広告