《ポケ・ドラ/Poki Draco》

効果モンスター
星3/炎属性/ドラゴン族/攻 200/守 100
このカードが召喚に成功した時、
自分のデッキから「ポケ・ドラ」1体を手札に加える事ができる。

 GENERATION FORCEで登場した炎属性ドラゴン族下級モンスター
 召喚に成功した時に同名カードサーチする誘発効果を持つ。

 召喚に成功した時の効果によりハンド・アドバンテージを得られるが、そのまま残せば低ステータスゆえに反撃されやすい。
 似たような効果を持つガジェット《フォトン・サーベルタイガー》に比べると単体での攻撃力も低くカテゴリにも属さない。
 同じドラゴン族特殊召喚にも対応する《スニッフィング・ドラゴン》も登場し、このカードの立場は更に危ぶまれる事になった。
 こちらを使用する場合には、必然的にこのカードの特徴を意識した構築が要求される。
 特殊召喚が容易な《マジック・ストライカー》《エッジインプ・シザー》を併用し、ランク3のエクシーズ召喚につなげたりするとよい。
 《エッジインプ・シザー》手札コストの確保にもなり、手札に複数来た時も、デッキトップに戻したものをサーチすることで事故を回避できる。
 《トランスターン》でこのカード墓地へ送ることで《ラヴァ・ドラゴン》リクルートすれば、その効果墓地手札のこのカードを展開できる。

 《デブリ・ドラゴン》蘇生すれば、《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》シンクロ素材となる。
 また、《ラヴァルバル・ドラグーン》シンクロ素材となれるので《ラヴァルバル・ドラグーン》効果《ラヴァル・コアトル》サーチし、自身の効果と併用すれば次のシンクロ素材を確保できる。

 炎属性であるため《炎王炎環》に対応しており、カード・アドバンテージを失わずに効果使用できる。
 《E・HERO ノヴァマスター》融合素材にして効果発動すればカード・アドバンテージを稼ぐ事もできる。

 ドラゴン族であることに着目すれば、カード・アドバンテージを失わない《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《竜の転生》除外コストにもなる。
 低攻撃力であるため、《仮面竜》《ドレッド・ドラゴン》の両方に対応するのでそれらと共に《強制転移》を狙うのも手であろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSの第22話冒頭のデュエル風景で、一般デュエリストが使用している事が確認できる。
    その人物の手札にも確認でき、同名カードサーチ効果を使ったであろう事が伺える。

関連カード

同名カードのみをサーチするカード

収録パック等


Tag: 《ポケ・ドラ》 効果モンスター モンスター 星3 炎属性 ドラゴン族 攻200 守100

広告