《ポジションチェンジ/Senet Switch》

永続魔法
自分フィールド上モンスター1体の位置を、
使用していない隣のモンスターカードゾーンに移動する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 CYBERDARK IMPACTで登場した永続魔法
 1ターンに1度自分モンスター1体のカードの位置を変更する効果を持つ。

 カードの位置を参照するカードとのコンボが前提の効果だが、そうしたカードは数自体少なく、実用的なものはさらに少ない。
 その上、隣にしか移動できない制限もあり、それらとのコンボにも使いにくい。

 かつては、即効性があり毎ターン対象をとる効果発動できる唯一のカードであったことを買われ、《青き眼の乙女》《聖刻龍−ドラゴンヌート》効果を能動的に発動するために用いられていた。
 しかし、後に同様の性質を有し、より汎用性の高い効果を持つペンデュラムモンスターとして《EMヒックリカエル》《EMラクダウン》等が登場した。
 ペンデュラムモンスター永続魔法であるこのカードと即効性がほぼ同じである上に、永続魔法よりサーチしやすく、いざという時にはエクシーズ素材等としても使える。
 よって、コンボ以外の用途が全くないこのカードを優先する理由がなくなってしまったため、その役割を終えている。

  • イラストに描かれているのは、「Senet(セネト)」と呼ばれる古代エジプトのボードゲームである。
    確認されている限りでは世界最古のボードゲームとされており、双六のようにプレイしたと考えられている。
  • コナミのゲーム作品において―
    ボーナスポイントが設定されている作品では、デュエル中一定数以上カードの位置を移動させると貰える「ポジションチェンジボーナス」というものが存在している。
    このため、それを狙うならこのカードを使う手もある。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果対象をとりますか?
  また、チェーンブロックを作りますか?
A:はい、モンスター1体を対象にとり、チェーンブロックを作ります。(13/06/17)


Tag: 《ポジションチェンジ》 魔法 永続魔法

広告