《マザー・スパイダー/Mother Spider》

効果モンスター
星6/闇属性/昆虫族/攻2300/守1200
自分の墓地に存在するモンスターが昆虫族のみの場合、
このカードは相手フィールド上に表側守備表示で存在するモンスター2体を墓地へ送り、
手札から特殊召喚する事ができる。 

 STARDUST OVERDRIVEで登場した闇属性昆虫族上級モンスター
 特定の条件下で相手表側守備表示モンスター2体を墓地へ送り特殊召喚できる召喚ルール効果を持つ。

 特殊召喚に成功した時に得られるボード・アドバンテージ《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》をも凌駕する。
 しかし条件として墓地へ送れるモンスター表側守備表示限定かつ、自分墓地昆虫族以外のモンスターは置けない。
 表示形式の変更を強要するギミックとの併用が不可欠となり、消費が増す分それを後からこのカードで挽回する形となる。

 必然的に【昆虫族】【スパイダー】での採用となり、手札誘発《エフェクト・ヴェーラー》《幽鬼うさぎ》を利用できないのは厳しい。
 強いて利点を挙げるならば、やはりこのカード縛りを共存できる《一族の結束》の存在だろう。
 相手攻撃表示を躊躇わせる事ができれば、間接的に《スパイダー・スパイダー》《インフォーマー・スパイダー》の活用機会も訪れる。
 《飛翔するG》とも相性が良く、相手の展開を抑制しつつ特殊召喚の条件を満たしやすくする。
 《電子光虫−ウェブソルダー》なども相性がよく、守備表示モンスターを用意しやすい。

 墓地除外ギミックを採用するでもなければエクストラデッキモンスター昆虫族に限定されてしまう。
 《地底のアラクネー》はこのカードと同じレベル6の昆虫族モンスターなので、除去された際に《大樹海》でこのカードサーチできる。
 チューナーには自己再生後に除外される《ゾンビキャリア》等を使い、シンクロ召喚を上手くフォローしたい。
 このカード《地底のアラクネー》を素材に《甲虫装機 エクサビートル》エクシーズ召喚し、そこから《電子光虫−ライノセバス》に繋ぐことも可能。

 「墓地へ送る」ため、《召喚僧サモンプリースト》等のリリースを含むあらゆる耐性を突破できるのは強み。
 一方で墓地へ送ることができない状況下では、条件を満たしても手札腐らせてしまうことになる。
 全てを除外してしまう《マクロコスモス》《次元の裂け目》は天敵と言える。
 ペンデュラムモンスターモンスタートークン墓地へ送れないため、《おジャマトリオ》等との併用も不可能。

  • 原作・アニメにおいて―
    漫画ZEXALの「遊馬&凌牙&カイトvs八雲」戦において、八雲が《マザー・スパイダー》を使用しているが、このカードとは別物である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:召喚ルール効果であり、チェーンブロックは作られません。(09/07/19)


Tag: 《マザー・スパイダー》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 昆虫族 攻2300 守1200

広告