《マジカル・アブダクター/Magical Abductor》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1700/守1400
【Pスケール:青3/赤3】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):1ターンに1度、このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
デッキからPモンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×100アップする。
(3):1ターンに1度、このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
デッキから魔法使い族・レベル1モンスター1体を手札に加える。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した地属性魔法使い族下級ペンデュラムモンスター
 以下の5つの効果を持つ。

  1. 魔法カード発動する度に魔力カウンターを自身に乗せるペンデュラム効果
  2. 魔力カウンターを3つ取り除いてペンデュラムモンスターサーチするペンデュラム効果
  3. 魔法カード発動する度に魔力カウンターを自身に乗せる永続効果
  4. 魔力カウンターの数だけ自己強化する永続効果
  5. 魔力カウンターを3つ取り除いて魔法使い族レベルモンスターサーチする起動効果

 魔力カウンターを乗せる効果ペンデュラム効果モンスター効果双方に存在するが、サーチできるモンスターが異なる。

 ペンデュラム効果では同名カードを含む全てのペンデュラムモンスターサーチできる。
 魔法カードがあれば手札モンスターがこのカードしかなくてもペンデュラムモンスターサーチしてペンデュラム召喚につなげられる。
 ペンデュラムゾーンへの発動魔法カード発動となるため、魔力カウンターを貯めて再度効果を利用しやすくなる。
 《音響戦士ギータス》《竜剣士ラスターP》など、汎用性の高いものをサーチして使いたい。
 無尽蔵に魔力カウンターを貯められるため、《マジックテンペスター》《アーカナイト・マジシャン》を使うデッキでは《魔法都市エンディミオン》の代わりにもなる。
 もちろん《魔法都市エンディミオン》と併用することでも魔力カウンターの上昇率は倍加するため両立しても構わない。
 《テラ・フォーミング》を採用できるだけでなく、どちらかの発動がもう一方の魔力カウンターを乗せるトリガーにもなる。

 ペンデュラムゾーンカード破壊する魔法カードとも相性が良い。
 ペンデュラムモンスター破壊後、ペンデュラムモンスターを再び置けば魔力カウンターが高速で乗る。
 《天空の虹彩》ならオッドアイズペンデュラムモンスターサーチできるため、アドバンテージの損失なくこの動きができる。
 破壊したペンデュラムゾーンカードペンデュラム召喚で展開すればさらにアドバンテージを獲得できる。

 モンスター効果ではレベル1の魔法使い族サーチできる。
 手札誘発効果を持つ《エフェクト・ヴェーラー》特殊召喚が容易な《ジェスター・コンフィ》が有力なサーチ候補となる。
 《封印されしエクゾディア》以外のエクゾディアパーツサーチ可能であり、【図書館エクゾ】のギミックをそのまま利用して【エクゾディア】にも組み込める。
 加えて僅かではあるが個数に応じて攻撃力も上昇するため、サーチ対象が尽きた場合でも魔力カウンターを乗せつつ下級アタッカーとして運用することも可能。
 ただし、強制的に攻撃力が変動してしまう関係上《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》には注意が必要である。

 また、サーチ効果には同名カードによる発動制限がない。
 そのため《竜剣士ラスターP》《連成する振動》といったカードでこのカード破壊し、同名カード置くことでもう一度サーチを行える。
 その際には魔力カウンターをもう一度貯める必要があるが、その点は《魔法都市エンディミオン》を併用することでフォローしたい。

 このカード自体を即座にサーチする手段に乏しく、3枚積むか、他のサーチ手段も併用したい。
 サーチするタイミングこそ遅いが《魔装戦士 ドラゴディウス》《フロント・オブザーバー》も相性がいい。

  • 「アブダクター(Abductor)」とは英語で「(婦女子の)誘拐犯・拉致者」という意味である。
    しかし、その割にはコントロール奪取ハンデスなどの効果は持ち合わせていない。
    デッキからサーチするという意味においては、誘拐・拉致とも取れなくはない。
    もしくは単純に魔法カードから魔力カウンターを作るという事を言い換えたという線もある。
    または容姿や効果のよく似た《マジカル・コンダクター》の「コンダクター(Conductor)」との「導く(duct)」という語源を重視して名づけられたとも考えられる。
    加えて「コンダクト(Conduct)」の接頭辞「Con-(共に)」に合わせ、接頭辞「ab-(離れた)」という表現を用いたのかもしれない。

関連カード

モンスター効果でサーチできる魔法使い族・レベル1モンスター

通常モンスター

チューナー

ペンデュラムモンスター

儀式モンスター

―その他

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:魔力カウンターが乗ったペンデュラムゾーンのこのカード《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》効果特殊召喚する際、このカードに乗っている魔力カウンターはどうなりますか?
A:このカードに乗っている魔力カウンターは全て取り除かれます。(15/07/23)


Tag: 《マジカル・アブダクター》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星4 地属性 魔法使い族 攻1700 守1400 スケール3

広告