《マジスタリー・アルケミスト》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「HERO」モンスター4体を除外し、自分の墓地の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。
「地」「水」「炎」「風」の全ての属性を除外して発動した場合には、
この効果で特殊召喚したモンスターの元々の攻撃力は倍になり、
相手フィールドの全ての表側表示のカードの効果は無効化される。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編6−で登場した通常罠
 4体のHERO除外コストとしてHERO蘇生する効果を持ち、特定の4属性HERO除外した場合は攻撃力倍加と相手フィールド表側表示カードの効果無効化する効果を追加で得る。

 召喚条件を無視した蘇生ができるものの、墓地コストで4体ものHERO除外する必要がある。
 フリーチェーンでの完全蘇生《戦線復帰》もできる。
 召喚条件を無視できる利点はあるが、その利点が生きるのはE・HEROM・HEROE−HERO融合モンスター程度。
 同じ除外であれば《ミラクル・フュージョン》《ダーク・コーリング》で2枚目や別の融合モンスターを出す方が軽い。
 よって、可能な限り追加効果を狙う形となるだろう。

 除外した中にが揃っていれば、攻撃力を倍にしつつ、相手フィールド効果無効にできる。
 4枚で4種類のため、基本的にはこれらを1枚ずつ除外する形となる。
 《E・HERO エリクシーラー》は1体で全ての属性を満たせ、残りの3体の属性は何でもよくなるが、永続効果であるためフィールド表側表示で存在する必要があり、墓地に存在する場合は光属性のみなので注意。
 その他、《轟雷帝ザボルグ》なら4属性HERO墓地へ送る事が可能。

 攻撃力が倍になるため、《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》《E・HERO ワイルドジャギーマン》等ならばそのままゲームエンドも狙えるだろう。
 表側表示の全ての効果無効にできるため、大きく攻め込むことができる。
 とはいえ、そのモンスター《スキルドレイン》のような効果を付与するわけではなく、あくまで特殊召喚処理時に表側表示の分だけしか無効にならない。
 伏せカードや後から出てきたカード効果は有効なため、過信は禁物である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《マジスタリー・アルケミスト》 通常罠

広告