《マジック・キャンセラー/Spell Canceller》

効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻1800/守1600
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り魔法カードは発動できず、
全てのフィールド上魔法カードの効果は無効になる。

 ユニオンの降臨で登場した風属性機械族上級モンスター
 お互い魔法カード発動できず、全てのフィールド上の魔法カード効果無効にする永続効果を持つ。
 罠カードを無効化する《人造人間−サイコ・ショッカー》とは対をなす。

 魔法カードを完全封殺するので、罠カードモンスター効果発動を封じるカードと併用した場合に高い制圧力を発揮できる。
 ただし、上級モンスターでありながら攻撃力下級モンスター並に落ち込んでおり、フィールドに長く留まる事が目的のルール介入型の効果モンスターとしては致命的である。
 このデメリットを補うべく開発された専用デッキ【ジャマキャン】であり、その他【キュアバーン】では《銀幕の鏡壁》と組んで凶悪なアタッカーとして活躍する。
 《ダーク・シムルグ》等と並べれば魔法・罠カードを封殺でき、風属性として《ダーク・シムルグ》墓地コストになるのも魅力である。
 ただし、《人造人間−サイコ・ショッカー》《王宮のお触れ》と並べた場合は、自分魔法・罠カードが使えなくなる。

 ステータスが低い代わりに、このカードには「特殊召喚できない」などの制限がなく、自由な手段で展開できる利点がある。
 例えば《幻獣機メガラプター》戦闘破壊され墓地へ送られた時、《機甲部隊の最前線》が存在すればリクルートする事ができる。
 既に発動している装備魔法永続魔法効果無効にできるのもメリットで、魔法カードを軸とするデッキに対しては、強力なメタとなる。
 とはいえ、モンスター効果が主流を占める現在の環境では、《ホルスの黒炎竜 LV8》と同様に最盛期のような活躍は難しくなっている。
 ただし、《トランスターン》とのコンボ【幻獣機】などでは先攻ターン目に展開して《安全地帯》《ディメンション・ガーディアン》で守るといった戦術が取れるようになっているので、使いやすくなったと見るかはデッキ次第と言える。
 魔法カード効果となるペンデュラム効果無効にでき、ペンデュラムゾーンへの発動も封じられるためメタとして使うことも可能。
 また、《時読みの魔術師》などのデメリットとなるペンデュラム効果無効にするという使い方も可能ではある。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:既に速攻魔法《突進》効果攻撃力700アップしたモンスターがいます。
  《マジック・キャンセラー》を召喚した場合この攻撃力はどうなりますか?
A:700アップしたままです。(08/04/26)

Q:《マジック・キャンセラー》に《強化支援メカ・ヘビーウェポン》を装備させました。
  《マジック・キャンセラー》が破壊されるとき、身代わりにできますか?
A:ユニオン装備魔法として扱います。つまり、効果無効にされている形となり代理破壊はできません。(08/06/30)

Q:このカードが存在する時に既に表側表示で存在する永続魔法フィールド魔法等の効果の発動自体もできなくなりますか?
A:はい、できなくなります。(10/07/04)


Tag: 《マジック・キャンセラー》 モンスター 効果モンスター 星5 風属性 機械族 攻1800 守1600

広告