《マジック・クロニクル/Spell Chronicle》

永続魔法
手札を全て墓地に送って発動する。
デッキから魔法または罠カードを5枚選択し、ゲームから除外する。
相手が魔法カードを発動する度に、
このカードにクロニクルカウンターを1つ置く。
このカードのクロニクルカウンターを2つ取り除く事で、
このカードの効果でゲームから除外したカードの中から1枚を相手が選択し、
自分の手札に加える。
このカードがフィールド上から離れた時、
このカードの効果でゲームから除外されているカード1枚につき、
自分は500ポイントダメージを受ける。

 PHANTOM DARKNESSで登場した永続魔法
 デッキから除外した魔法・罠カード5枚を、相手魔法カード発動する度に溜まるクロニクルカウンター2個につき1枚ずつ手札加える効果を持つ。

 魔法・罠カードを間接的にサーチできる効果だが、デメリットが多く扱いにくい。
 そのため、汎用性のある《封印の黄金櫃》サーチした方が良い場合も多い。
 デッキ圧縮に使おうにも手札コストダメージを受けるリスクを考えると割に合わず、普通のデッキでは採用の余地はまずない。

 【大逆転クイズ】では1枚で、デッキ圧縮ライフ調整及び魔法カード発動抑制が出来る優秀なカードとなり得る。

 このカードによるダメージチェーンブロックを作らないので《大逆転クイズ》墓地へ送られた場合、ライフポイントが入れ替わる前にダメージを受けることになる。
 よって単体でライフポイントを2500減らすカードへと変貌する。
 1枚で2500ものライフポイントを減らせる魔法カードは少なく、同時に5枚ものデッキ圧縮ができるカードはこのカード以外存在しない。
 加えて汎用ドローソースなどを除外すれば相手魔法カード発動しづらくなる。
 除外されたカード加えるのを相手が嫌い、《サイクロン》などをこのカードに使わせれば、本命である《黒いペンダント》などを通しやすくなる。
 またデッキから任意の魔法・罠カード除外出来ることを活かして、【緑一色】に少量の罠カードを採用することも検討できる。
 このカードデッキにある罠カードを全て除外すれば《大逆転クイズ》は確実に成功する。

 弱点としては、このカード発動時にコスト手札を全て墓地へ送る必要があるので、このカードチェーンして除去されると、ディスアドバンテージが大きい。
 また手札が無くなるので、そのままでは《大逆転クイズ》発動条件を満たせないので、《成金ゴブリン》などを伏せる必要がある。

  • 「クロニクル(Chronicle)」とは「年代記(出来事・事件を年ごとに記した歴史書)」のこと。
    イラストにて確認できる梵字のうち赤い部分の文字は「計都星(凶事の象徴/凶を呼ぶ恐ろしい仏)」であり、黒い部分の文字は「羅刹天(古代インドで「悪魔」の意)」である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージ効果チェーンブロックを作りますか?
A:作りません。(10/02/01)

Q:クロニクルカウンター置かれる効果チェーンブロックを作りますか?
A:作りません。(11/04/06)

Q:除外したカードを全て手札加えた場合、このカードはどうなりますか?
A:そのままフィールドに残ります。(10/02/01)

Q:除外したカード手札加える前にデッキに戻されました。
  このとき、このカードフィールドを離れた場合、ダメージはどうなりますか?
A:このカード効果除外されたカード除外されたまま残っている場合、その枚数×500ポイントのダメージを受けます。
  除外されたカードが1枚も残っていなければダメージは発生しません。(10/08/28)

Q:除外したカードを全て手札加えた後、このカードフィールドを離れた場合、ダメージはどうなりますか?
A:ダメージは発生しません。(10/08/28)


Tag: 《マジック・クロニクル》 魔法 永続魔法

広告