《マスク・チェンジ・セカンド/Mask Change II》

速攻魔法(制限カード)
「マスク・チェンジ・セカンド」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚捨て、自分フィールドの
表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送り、
そのモンスターよりレベルが高く同じ属性の「M・HERO」モンスター1体を、
「マスク・チェンジ」による特殊召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−HERO's STRIKE−で登場した速攻魔法
 手札コストを払い、自分モンスター1体を墓地へ送り、同属性でよりレベルの高いM・HERO一体を特殊召喚する効果を持つ。

 手札コスト1枚と対象モンスターレベル制限、1ターンに1度発動制限が付いた代わりに、HERO以外にも使えるようになった《マスク・チェンジ》
 HEROに対して使う分には《マスク・チェンジ》下位互換でしかないため、純粋なHEROデッキでは4枚目以降の《マスク・チェンジ》でしかない。
 【E・HEROビート】のようにHEROを軸にしつつそれ以外のモンスターも多用するデッキならば、対応範囲からこちらを優先する意義も出てくるだろう。
 《ダンディライオン》《BF−隠れ蓑のスチーム》などは自身とトークン属性が異なるため、2種類のM・HEROを使い分けられる。
 《E・HERO シャドー・ミスト》手札コストに使えばディスアドバンテージも軽減できるが、制限カードなのでそこまで期待しない方が良い。

 基本的には、HEROデッキ以外で一部の相性の良いM・HEROと共に採用することになる。
 ただし、《M・HERO 剛火》《M・HERO ダイアン》効果HERO専用なので炎属性地属性を中心としたデッキに採用するメリットは薄い。
 一方、《M・HERO アシッド》《M・HERO ダーク・ロウ》効果汎用性が高いため、水属性闇属性を中心としたデッキに採用を検討できる。

 しかし、このカード手札コストモンスターの3枚を消費して融合モンスター特殊召喚するため、普通に使用すると通常の融合召喚と同じ消費になる。
 手札コストアドバンテージに繋がり、闇属性で統一しやすい【彼岸】【幻影騎士団】はこのカードディスアドバンテージを抑えやすいため相性が良い。
 速攻魔法なので、相手除去に対してサクリファイス・エスケープの形で使用すればアドバンテージすら稼ぎ得る。

 高い展開力で強力な布陣を作る【インフェルニティ】とも好相性であり、このカードから特殊召喚した《M・HERO ダーク・ロウ》を並べることで更に制圧力は増す。
 ネックとなる手札コストも、ハンド・アドバンテージよりも墓地アドバンテージを優先するデッキなので然程気にならない。
 他には《光神テテュス》を利用する【天使族】ならば、手札に余りやすい天使族モンスターコストに出来るので《M・HERO 光牙》と共に採用するのも悪くないだろう。
 変わったところでは、対象に取られた際に特定のモンスター特殊召喚する《青き眼の乙女》《聖刻龍−ドラゴンヌート》に使用することで、それらの効果特殊召喚したモンスター《M・HERO 光牙》を並べることもできる。

  • OCG《M・HERO 光牙》となっている部分には別のマスクが描かれている。
    さらに前面の2つのマスク以外はぼやけており、特定するのは難しい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:墓地へ送る処理と特殊召喚する処理は同時に行う扱いですか?
A:いいえ、同時に行う扱いではありません。(14/06/21)

Q:効果レベル属性が変化している状態のモンスター墓地へ送った場合、そのフィールドで変化していたレベル属性を参照しますか?
A:はい、フィールドで変化していた状態のレベル属性を参照します。(14/06/22)

Q:《次元の裂け目》フィールドに存在し、このカードの効果墓地へ送られるモンスターが代わりに除外された場合に、エクストラデッキからM・HERO特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚する効果適用されます。(14/06/22)

Q:モンスタートークン対象に選択して発動して、選択したモンスタートークンが消滅した場合でも特殊召喚する効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(14/06/22)

Q:ペンデュラムモンスター対象に選択して発動して、選択したペンデュラムモンスターエクストラデッキに加わった場合でも特殊召喚する効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(14/06/22)

Q:エクシーズモンスター対象に選択して発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/06/22)


Tag: 《マスク・チェンジ・セカンド》 魔法 速攻魔法 チェンジ

広告