《マスター・ヒュペリオン/Master Hyperion》

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2700/守2100
このカードは、自分の手札・フィールド上・墓地に存在する
「代行者」と名のついたモンスター1体をゲームから除外し、
手札から特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、自分の墓地に存在する
天使族・光属性モンスター1体をゲームから除外する事で、
フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。
フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、
この効果は1ターンに2度まで使用できる。

 ストラクチャーデッキ−ロスト・サンクチュアリ−で登場した光属性天使族最上級モンスター
 自分手札フィールド墓地から代行者1体をゲームから除外して手札から自身を特殊召喚する召喚ルール効果1ターンに1度自分墓地光属性天使族モンスター1体を除外する事でフィールド上のカード1枚を破壊する起動効果を持つ。
 また、《天空の聖域》フィールド上に表側表示で存在する場合、破壊効果は1ターンに2度まで使用できる。

 さながら、光属性天使族における《ダーク・アームド・ドラゴン》と言えるモンスターである。
 代行者除外するだけで特殊召喚も可能なだけでなく、召喚制限はないので、《神の居城−ヴァルハラ》による手札からの特殊召喚《アテナ》による墓地からの特殊召喚《奇跡の光臨》による帰還等が可能である。
 また、光属性天使族であるため、《ジェルエンデュオ》の恩恵を受ける事ができ、フィールド上に出す手段には困らない。
 更に、《トレード・イン》に対応するレベル8であり蘇生に繋ぎやすく、《大天使クリスティア》《堕天使スペルビア》とも併用しやすい。

 除去効果カードの種類を問わないが、除外を伴うので《アテナ》《堕天使スペルビア》蘇生効果とは相性がよくない。
 逆に、墓地調整が容易にできるため、《大天使クリスティア》特殊召喚条件を満たし易く、除去効果を持ったこのカードと並べれば、圧倒的な制圧力となる。
 ただし、墓地が肥えていない状態で除去効果を連発すると、《大天使クリスティア》特殊召喚を阻害するので、下記のリクルーター《異次元からの埋葬》の併用が望ましい。
 天使族リクルーターである《シャインエンジェル》《コーリング・ノヴァ》を経由して代行者に繋いでいけば、除去効果特殊召喚コストが同時に確保できる。
 また、除外を利用し《次元合成師》《救援光》での回収や、《ライトレイ ソーサラー》特殊召喚の条件を整えたり、《奇跡の光臨》による帰還につなげる事もできる。
 特殊召喚直後から3回効果が使える《ダーク・アームド・ドラゴン》に比べると効率は見劣りするが、使用するデッキの傾向や召喚制限がない事から、同等以上に活躍できるだろう。

 上記の通り、天使族の展開力だけでも充分に活躍でき、除去効果代行者以外も使用可能かつ連打しづらい要素を含むため、必ずしもそれらを必要とはしない。
 ただ、代行者の中でも《神秘の代行者 アース》はこのカードと相性がいいので、通常は代行者との併用となるだろう。
 一方、《天空の聖域》は限られたカードとの併用以外ではメリットが少なく、どの程度のウェイトを置くかが見極めどころとなる。
 《天空の聖域》を活用する場合、代行者軸【天空の聖域】のサポートとしてこのカードを採用するという形になる事も少なくないだろう。

  • VJでは、このカードを「恒星の力をもつ太陽の神」という風に紹介している。
    「恒星」とは、天球上で相互の位置をほとんど変えず自ら発光する天体、つまり太陽の様な天体の事を指す。
    光属性であるのも、このためだろう。
  • 恒星の周囲を公転する星を、恒星に対し「惑星」と呼び、太陽系では水星〜海王星(過去には冥王星)までの総称である。
    イラストに太陽系の図形が描かれていたり、代行者名前が太陽系の惑星の英名から引用されている事から、このカードがそれらを束ねる存在である事が窺える。
  • 「ヒュペリーオーン、ヒュペリオン(Hyperion)」とは、ギリシア神話における太陽の神である。
    ウラノスとガイアの息子で、テーテュース等との兄弟であり、人々に天体の運行と季節の変化の関係を教えたとされる。
    また、ヘーリオスは彼の息子であるとも、ヒュペリーオーンがヘーリオスの呼称としても用いられたともされている。
    日本では、同名の有名SF小説等の関係から、英語読みの「ハイペリオン」の方が有名かもしれない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:自身を特殊召喚する効果は分類のない効果(召喚ルール効果)で、カード破壊する効果起動効果になります。(10/12/11)

Q:自身の効果手札から特殊召喚する時に代行者除外するのと、破壊効果発動する時に光属性天使族除外するのは、いずれもコストですか?
A:はい、そうです。(10/12/11)

Q:自身の効果手札から特殊召喚する時に代行者除外するのは、自分手札フィールド墓地の全てから1体ずつ除外するのですか?
A:いいえ、いずれか1箇所から1体除外すれば特殊召喚できます。(10/12/16)

Q:セット状態の代行者除外して特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(11/01/19)

Q:装備カード状態の代行者除外して特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(10/12/17)

Q:自身の効果による特殊召喚を行っていないこのカード墓地に存在する時、このカード蘇生できますか?
A:はい、できます。(10/12/11)

Q:破壊効果は、対象をとりますか
A:はい、対象を取ります。(10/12/11)

Q:《天空の聖域》フィールド上に表側表示で存在するため、破壊効果の2度目を発動しました。
  効果解決時《天空の聖域》表側表示で存在しなくなった場合、効果不発になりますか?
A:いいえ、その場合でも、効果適用されます。(10/12/11)

Q:《天空の聖域》フィールド上に表側表示で存在している時、破壊効果発動《光と闇の竜》に2度無効にされました。
  同じターン中に、3度目の破壊効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/11/19)


Tag: 《マスター・ヒュペリオン》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 天使族 攻2700 守2100

広告