《マズルフラッシュ・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/ドラゴン族/攻2300
【リンクマーカー:上/左上/右上】
ドラゴン族モンスター2体以上
自分はこのカードのリンク先にモンスターを出せない。
(1):1ターンに1度、このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードのリンク先のモンスター1体を選んで破壊し、
相手に500ダメージを与える。
(2):このカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にする。

 COLLECTORS PACK 2018で登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 リンク先自分モンスターを出せない効果外テキストリンク先モンスターが出た場合にリンク先モンスター1体を破壊しダメージを与える誘発効果、自身を対象としたカード発動無効にする誘発即時効果を持つ。

 左上/右上のリンクマーカーを持つリンクモンスターであり、メインモンスターゾーン中央に置いた場合、どちらのエクストラモンスターゾーンにもリンクマーカーが向く。
 しかし、リンク先自分モンスターを出せないため、自分エクストラリンクを成立させることはできない。
 相手リンク先モンスターを出せるため、向かって左のエクストラモンスターゾーン《閃刀姫−カガリ》、右のエクストラモンスターゾーン《閃刀姫−シズク》を出されると相手エクストラリンクが成立する。

 (1)はリンク先モンスターが出た場合、リンク先モンスター破壊する効果
 リンク先自分モンスターを出せないため、壊獣《トーチ・ゴーレム》《ブラック・ガーデン》などで特殊召喚し(1)の効果を自発的に狙うことはできない。
 エクストラモンスターゾーンに出し、相手メインモンスターゾーン3カ所の使用を牽制するのが狙いとなる。
 リンク先に先出しされたモンスターが存在する場合、(1)の効果召喚特殊召喚されたモンスターを無視して、そのモンスター破壊することも可能。
 自分だけがエクストラモンスターゾーンを使用している状態で、もう片方のエクストラモンスターゾーンリンクマーカーが向くようにこのカードメインモンスターゾーンに出せば、相手エクストラデッキの利用を一方的に牽制することもできる。

 (2)はこのカード対象とする効果の発動無効にする効果
 コストとしてモンスターリリースする必要があり、やや重い。
 相手無効にされると分かっていて使うとは考えにくく、牽制程度の役割である。

 《地盤沈下》と組み合わせて、リンク先以外のメインモンスターゾーンを封鎖することで、相手モンスター展開を大幅に制限できる。
 (1)については1ターンに1度の制限があり、破壊するタイミングを見極める必要があるものの、先攻ターン目にこの2枚を出して、(2)のコストとなるモンスターを途切れなく用意できれば、相手の計画を大幅に狂わせることが出来る。

  • マズルフラッシュとは、銃を発砲した際に銃弾内の火薬が銃口から飛び出すまでに燃焼し切らないために起こる閃光である。
    射手はこれにより目が眩み狙いを付け辛くなり、更に敵に位置を補足されやすくなってしまう。
    これを解消するためゴーグルを付けたり、銃口の先にフラッシュサプレッサーと呼ばれる円錐状のパーツを付けるなどして射手の目を保護する。
    フラッシュサプレッサーは穴が開いているものもあり、《ヴァレルガード・ドラゴン》に描かれているような形状のものもある。

収録パック等


Tag: 《マズルフラッシュ・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 闇属性 ドラゴン族 攻2300

広告