《マックス・テレポーター/Overdrive Teleporter》

効果モンスター
星6/光属性/サイキック族/攻2100/守1200
このカードは特殊召喚できない。
2000ライフポイントを払う事で、自分のデッキから
レベル3のサイキック族モンスター2体を特殊召喚する事ができる。
この効果はこのカードがフィールド上に
表側表示で存在する限り1度しか使用できない。

 EXTRA PACK Volume 2で登場した光属性サイキック族上級モンスター
 特殊召喚できない召喚条件デッキからサイキック族特殊召喚する起動効果を持つ。

 上級モンスターとしては低い攻撃力だが、戦闘よりも効果によるシンクロ召喚などを目的とするモンスターなので、特に問題にはならないだろう。
 むしろ特殊召喚できない制限が厄介なため、アドバンス召喚の補助を行うことに専念したい。
 【サイキック族】なら大抵投入される《緊急テレポート》リクルート先を共有できるため特に相性が良い。
 《聖刻龍−トフェニドラゴン》《エレキテルドラゴン》《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》などはリリース要員の確保だけでなく、このカードからの展開の中心となるレベル3・6のモンスターを追加できる。

 ライフコストは初期ライフの4分の1と、サイキック族モンスターの中では最も消費が大きく、《神の警告》《エフェクト・ヴェーラー》を使われると大打撃を受ける。
 しかし、即座に戦線を強化でき、特殊召喚するモンスターにはサイキック族レベル3であること以外に制限もデメリットも課されていない。
 リクルートした2体でランク3のエクシーズモンスターリンク2のリンクモンスターを、チューナーを含めばレベル6のシンクロモンスター特殊召喚できる。
 もちろん、このカード自身も素材になれるので、リンク3のリンクモンスターレベル9のシンクロモンスター特殊召喚可能。

 リクルート対象の中でも《調星師ライズベルト》は相性が良く、シンクロ召喚の消費なしにランク6のエクシーズ召喚が行えるなど、《マックス・テレポーター》の効果に爆発力を与えてくれる。
 手札消費が増えるものの《寡黙なるサイコプリースト》は連続したシンクロ召喚を可能にし、シンクロ素材シンクロモンスターを要求するシンクロモンスターの採用も検討できる。
 自身でデッキリクルート先を補充できる《超量士ブルーレイヤー》同名カード蘇生することでランク3のエクシーズ召喚が可能な《Kozmo−シーミウズ》など、カテゴリモンスター出張も組み込みやすい。

 ライフコストを踏み倒したい場合、魔法カードである《念動増幅装置》が最も手っ取り早い。
 他にもアドバンス召喚ライフコスト代替の両方に活用できる《脳開発研究所》も相性が良い。
 しかし、両方の効果を使った時点でサイコカウンターが2つ乗り、ライフコストを払った場合と同じリスクを負ってしまう点に注意。
 また、効果発動後でもシンクロ召喚する前に《サイコ・ヒーリング》を、シンクロ召喚後なら《超能力治療》発動することで払ったライフコストは実質0となる。

 《調星師ライズベルト》《Kozmo−ドロッセル》の組み合わせでリクルートすれば《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》効果《Kozmo−ドロッセル》をサポートでき、サーチ特殊召喚した《Kozmo−ダークシミター》攻撃も合わせて最大7500のダメージを狙える。
 その他モンスターを展開する方法は多岐に渡り、このカード効果が通れば先攻でも後攻でも勝利をぐっと手繰り寄せることができるであろう。

関連カード

表側表示で存在する限り1度しか使用できないカードについては三魔神を参照

イラスト関連

―《マックス・テレポーター》の姿が見られるカード

レベル3・サイキック族モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:特殊召喚できない制限はモンスター効果とは扱いません。(12/07/20)
 サイキック族特殊召喚するのは起動効果です。(09/10/13)

Q:デッキ内にレベルサイキック族が1体のみの時発動できますか?
A:できません。
 なお、自分デッキ内容を記憶しているはずなので「デッキ内に特殊召喚できるモンスターが何体いるか」を常に把握しているものとします。(09/10/13)

Q:効果解決時デッキに存在するレベルサイキック族が1体だけになった場合に、そのモンスター特殊召喚できますか?
A:いいえ、効果は適用されず特殊召喚されません。(10/01/29)


Tag: 《マックス・テレポーター》 モンスター 効果モンスター 星6 光属性 サイキック族 攻2100 守1200 特殊召喚不可

広告