《ミニマム・ガッツ/Mini-Guts》

通常魔法
自分フィールド上のモンスター1体をリリースし、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力はエンドフェイズ時まで0になる。
このターン、選択したモンスターが戦闘によって破壊され相手の墓地へ送られた時、
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 GALACTIC OVERLORDで登場した通常魔法
 相手モンスター攻撃力を0にし、そのモンスター戦闘破壊された場合元々の攻撃力分のダメージ相手に与える効果を持つ。

 例え《究極竜騎士》であっても攻撃力を0にしてしまえば下級モンスターでも戦闘破壊が可能となり、バーン効果も追加される。
 相手切り札クラスを戦闘破壊できれば効果ダメージ戦闘ダメージを合わせて引導火力にもなり得る。

 発動にはリリースが必要であるため2枚のディスアドバンテージとなり、戦闘を行うにためにはもう1体のモンスターが必要になる。
 通常のデッキ下級モンスターを並べられるのならば、シンクロ召喚エクシーズ召喚を行った方がカード消費が少なく返しのターンにも強い。
 従ってこのカードを使用するのならば、トークン等のコストになるモンスターを簡単に用意できるデッキで使うか、あるいは発動ターンに仕留めきれるカードと組み合わせていきたい。

 毎ターン低い攻撃力スライムモンスタートークンを生成し、それを巧みに利用するコンセプトの【スライム増殖炉】では面白い働きが期待できる。
 《下克上の首飾り》《湿地草原》などの強力な強化魔法カードスライムモンスタートークンに使用することで、大きな戦闘ダメージ効果ダメージを両立できる。
 《ドッペル・ウォリアー》シンクロ召喚成功時にドッペル・トークンを生み出すため相性が良く、【ジャンクドッペル】【ジャンク・ウォリアー】に採用してみるのも面白いだろう。
 特に【ジャンク・ウォリアー】では、強化された《ジャンク・ウォリアー》にこのカード《ラッシュ・ウォリアー》効果を組み合わせれば、《スクラップ・フィスト》無しでも1ターンキルが発生しやすい。
 その他、モンスター蘇生に長けている【金華猫】《鍵魔人ハミハミハミング》を使用する【魔人】トークンを生成する《幻銃士》《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》を使用するデッキなどでも発動は容易である。

 リリースの確保そのものに優れているわけでは無いが、戦闘破壊により効果ダメージを与えるというコンセプト自体が一致している【シザースバンカー】とはシナジーがある。
 戦闘ダメージが倍加する《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》とも相性が良く、戦闘ダメージだけで5000にもなるため、相手モンスター元々の攻撃力が3000以上ならば1ターンキルとなる。
 【EM】ステータスに関わる効果を持つカードが多く、再利用しやすいペンデュラムモンスターコストにすればディスアドバンテージも少なくなるので、採用してみるのも悪くは無いだろう。
 2回攻撃できる《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》も相性が良く、相手フィールド上にモンスターが2体居れば莫大なダメージが期待できる。

 発動ターンに勝負を決めるという観点では、《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》との相性は非常に良い。
 元々の攻撃力が1900以上の相手モンスターに使用し、全てのダメージが通れば1ターンキルを達成できる。
 (効果ダメージ1900、攻撃力が1900アップし、相手モンスター攻撃力が0のため戦闘ダメージ2400+1900、《ミニマム・ガッツ》による効果ダメージ1900で1900+2400+1900+1900=8100)
 ただし《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》を主に利用する【先史遺産】【ガガガ】では攻撃力を変化させる手段を自前で用意しているため、わざわざこのカードを必要とするのかよく考えて採用したい。

 変わったところでは、攻撃力を0にするので一部のレプティレスとのコンボが狙える。
 《レプティレス・スポーン》等でリリースの確保も狙えるので、他の攻撃力0化カードよりも扱いやすいだろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果適用されたモンスター裏側表示になり、そのモンスター戦闘破壊され相手墓地へ送られた時に、このカードの効果ダメージを与える事ができますか?
A:いいえ、できません。(12/02/23)

Q:このカードの効果ダメージを与える際にチェーンブロックは作られますか?
A:はい、作られます。(12/02/24)

Q:このカードの効果攻撃力0のモンスターを選択して発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/03/14)

Q:このカードの効果を受けたモンスター《レプティレス・スキュラ》戦闘破壊しました。
  チェーン1:《ミニマム・ガッツ》、チェーン2:《レプティレス・スキュラ》チェーンを組んだ場合、チェーン1の効果解決時モンスター墓地に存在しませんが《ミニマム・ガッツ》の効果適用されますか?
A:ご質問の状況の場合、《レプティレス・スキュラ》の効果によって戦闘で破壊したモンスターが存在しない状態となりますので、《ミニマム・ガッツ》の効果は適用されません。(13/09/23)


Tag: 《ミニマム・ガッツ》 魔法 通常魔法

広告