《ミラー・リゾネーター/Mirror Resonator》

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻   0/守   0
「ミラー・リゾネーター」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドにのみ存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードはこのターンにS素材とする場合、対象のモンスターの元々のレベルと同じレベルとして扱う。

 ブースターSP−ハイスピード・ライダーズ−で登場した光属性悪魔族下級モンスターチューナー
 特定条件下で自身を特殊召喚する起動効果相手モンスター1体のレベルをコピーしてシンクロ素材にできる起動効果を持つ。

 (1)の効果は、相手フィールドにのみエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが存在する場合に自身を特殊召喚する効果
 現在の環境ではエクストラデッキから特殊召喚される各種モンスターに頼るデッキが非常に多い。
 加えて「エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター」以外であれば自分フィールドモンスターが存在しても構わないため、《バトルフェーダー》等で相手ターンを凌げば自ずと条件は満たせるだろう。
 事前に《チェーン・リゾネーター》などで出して墓地に置いたり、《コール・リゾネーター》で条件を満たした時にサーチしておくと良いか。
 除外された後は《救援光》《異次元からの埋葬》《D・D・R》などで再利用したり、ランク1のエクシーズ素材にして除外しないように運用する手もある。
 ただし、《リゾネーター・エンジン》《スカーレッド・カーペット》とは相性が悪い。

 (2)の効果は、シンクロ素材にする場合にレベルをコピーする効果
 相手モンスター次第ではあるが、高レベルシンクロモンスターに繋ぐことができる。
 相手が狙ったレベルモンスターを出すとは限らないため、エクストラデッキに幅広いレベルシンクロモンスターを用意しておきたいところ。

 どちらの効果相手に依存するため、送りつけとのコンボで自発的に利用することも視野に入る。
 送りつける対象には、効果使用済みの《アーカナイト・マジシャン》《簡易融合》特殊召喚した融合モンスターが有効。
 このカード特殊召喚した後に《サタンクロース》を押し付ければ、相手エクシーズモンスターでも安定して立ち回れる。

  • OCG化にあたり、イラストが背景に渦が追加され、鏡が曇った色から綺麗な色になっている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE6では、OCG化に先駆けてゲームオリジナルカードとして収録されている。
    テキストは以下の通り。
    相手フィールド上にシンクロモンスターが表側表示で存在する場合、
    このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
    この方法で特殊召喚に成功した時、相手フィールド上に表側表示で存在する
    シンクロモンスター1体を選択して発動する事ができる。
    このカードのレベルは選択したモンスターのレベルと同じになる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(2)の効果でこのカードと同じレベルモンスター対象に選択して発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/08/15)

Q:(2)の効果適用された後で《スキルドレイン》効果でこのカード効果無効になった場合でも、シンクロ召喚する際に対象モンスターの元々のレベルと同じレベルとして扱う効果適用できますか?
A:はい、適用できます。(15/08/15)


Tag: 《ミラー・リゾネーター》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 光属性 悪魔族 攻0 守0 リゾネーター

広告