《ミラーフォース・ドラゴン/Mirror Force Dragon》

融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2800/守1200
このカードは「クリティウスの牙」の効果で自分の手札・フィールドの
「聖なるバリア −ミラーフォース−」を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):自分フィールドのモンスターが攻撃対象に選択された時、
または相手の効果の対象になった時に発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した光属性ドラゴン族融合モンスター
 特殊な召喚条件と、自分フィールドモンスター攻撃対象または相手効果の対象になった時に、相手フィールドカードを全て破壊する誘発即時効果を持つ。

 特殊召喚のためには《クリティウスの牙》《聖なるバリア −ミラーフォース−》墓地へ送る必要がある。
 サーチが難しい魔法・罠カード2枚を必要とするので、やや重いモンスターと言える。
 《聖なるバリア −ミラーフォース−》アドバンテージを稼ぎうる汎用性の高いカードであり、複数枚採用しても特に問題ないだろう。
 一方、《クリティウスの牙》は単体では機能しないコンボ用のカードなので、枚数調整はしっかりと行いたい。

 効果は、自分フィールドモンスター相手攻撃効果の対象になった時に、相手フィールドを一掃できるというもの。
 このカードが存在している状況で相手トリガーを引く事は考えづらく、《CNo.69 紋章死神カオス・オブ・アームズ》と同様に牽制の意味合いが強い。
 自分フィールドモンスター全体に適用されるので、実質的に効果破壊されないモンスター以外の攻撃を封じることが可能。
 さらに対象をとる効果トリガーとなるため、このカードや他のモンスターへの除去なども一部は防ぐことができる。

 このように、全体除去効果トリガーとなる行動を抑制することで制圧力を発揮できるが、抜け穴も多く過信はできない。
 対象をとらない除去カウンター罠には無力であり、《激流葬》《奈落の落とし穴》《神の宣告》《神の警告》など、汎用性の高いカードも多い。
 更に、《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》等の発動自体を封じるカードや、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》等のカウンター能力を持つモンスターの採用率も高い。
 また、効果の対象となった場合も効果そのものを無効化するわけではないため、状況次第では多少の犠牲は覚悟して除去してくることも起こり得る。

 ただ、このカード及び《クリティウスの牙》の存在が明らかになった時点で、相手《聖なるバリア −ミラーフォース−》を警戒することになる。
 その場合、積極的に伏せ除去を狙ってくることが考えられるため、それを逆手にとった構築をしてみるのも面白いだろう。
 特に《スターダスト・ドラゴン》とは相性が良く、伏せ除去だけでなく、前述のこのカードの弱点のうち、対象を取らない破壊に対しても強い。
 反対に、《スターダスト・ドラゴン》の弱点であるステータスの低さや破壊以外の除去は、このカード《聖なるバリア −ミラーフォース−》でカバーできる。
 《ハーピィの羽根帚》などの全体除去への対策となる《スターライト・ロード》をセットで採用するのも良いだろう。
 また、ドラゴン族故に、同じ《クリティウスの牙》《タイラント・バースト・ドラゴン》を出せる《タイラント・ウィング》にも対応している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(15/05/16)

Q:同一チェーン上で(1)の効果を複数回発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(15/06/06)
  同一チェーン上で複数回相手効果対象になった場合も同じです。(15/06/13)

Q:自分モンスター攻撃対象に選択された時、先に《サイクロン》発動し、このカードの効果チェーン発動する事も可能ですか?
A:《サイクロン》チェーンして発動する事もできます。(16/08/20)

Q:自分フィールド《アポピスの化神》相手《サイクロン》対象になった場合でも、このカードの効果発動できますか?
A:発動できます。(16/02/27)


Tag: 《ミラーフォース・ドラゴン》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻2800 守1200 正規の方法以外での特殊召喚不可 融合召喚不可

広告