《ムーンダンスの儀式(ぎしき)/Moon Dance Ritual》

永続罠
(1):自分フィールドのX素材の無い風属性Xモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターがフィールドに存在する限り、
フィールドの表側表示モンスターの効果は無効化される。
対象のモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。
(2):このカードを発動したターンのエンドフェイズに発動する。
フィールドのこのカードを、このカードの発動時に対象としたモンスターの下に重ねてX素材とする。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した永続罠
 表側表示モンスター効果無効にする効果エクシーズ素材になる効果を持つ。

 ライフコストのない《スキルドレイン》と言えるが、風属性エクシーズモンスターで、エクシーズ素材がないものを指定する。
 発動条件の関係から、少なくとも対象にするモンスターに関しては効果無効になってもあまり影響はない。
 エンドフェイズにはこのカードエクシーズ素材となって効果も切れるので、対象モンスターは次のターン効果の発動を狙う事ができる。
 基本的には相手ターン中に用いて一時的な全体無効化手段として用いるべきだろう。

 しかし、エクシーズ素材のない風属性エクシーズモンスターを必要とする。
 エクシーズ素材を使い切る事のできるものか、蘇生手段の確保しやすいものを用いる必要がある。
 汎用性が高く、エクシーズ召喚しやすいものでは《鳥銃士カステル》が存在し、エクシーズ素材を一度に全て取り除いて効果発動条件を満たした後、エクシーズ素材補充効果のほうも無駄にならないため、非常に相性が良い。
 《トーテムバード》も1度効果を使えば発動条件を満たせるが、こちらの場合はその後の効果エクシーズ素材を1つだけ回復しても効果を使えず、弱体化の防止にしかならない。
 《幻獣機ドラゴサック》なら自身の耐性で居座りやすい上に、自身をリリースして除去が行える分、蘇生カードを組み込む価値もある。
 1ターンに1度の制限がない《シャインエルフ》エクシーズ素材を使い切りやすいと言えるか。
 《竜巻竜》も、自分相手ターンに1回ずつ効果を使えばエクシーズ素材を使い切ることができ、このカードメインフェイズ1に使いやすく、妨害として機能しやすい。

 これら特定のエクシーズモンスターを多用するデッキなら活用の余地はあるが、上述の通り安定性が低い点は変わらないので、採用するか否かは慎重に検討したい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカード対象に選択したモンスター対象にとり続けますか?
A:はい、対象をとり続けます。(14/09/13)

Q:対象モンスター《禁じられた聖槍》効果適用されている時に、(2)の効果エクシーズ素材にする処理が行われますか?
A:いいえ、エクシーズ素材にならず、このカードフィールドに残り続け、(1)の効果適用し続けられたままになります。(14/09/13)

Q:(1)の効果解決時対象に選択したモンスター裏側表示になった場合でも、(1)と(2)の効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(14/09/13)

Q:《王宮のお触れ》フィールドに存在する時に対象モンスターフィールドに存在しなくなった場合、このカード破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(14/09/13)

Q:《王宮のお触れ》効果で(2)の効果無効にされエクシーズ素材にできなかった場合、このカードフィールドに残り続けますか?
A:はい、残り続けます。(14/09/13)


Tag: 《ムーンダンスの儀式》 永続罠

広告