《メールの階段(かいだん)

永続魔法
(1):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
手札から「ティンダングル」カード1枚を捨て、以下の効果から1つを選んで適用する。
このターン、この効果で捨てたカードと同名のカードを
自分は「メールの階段」の効果で捨てる事はできない。
●自分フィールドの裏側守備表示モンスター1体を選んで表側攻撃表示にする。
●自分フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を選んで裏側守備表示にする。

 ETERNITY CODEで登場した永続魔法
 ティンダングルカード捨て自分フィールドモンスター表示形式を変更する効果を持つ。

 【ティンダングル】におけるリバース時の効果トリガーや、リバース時の効果の再利用が主な役目となる。
 手札腐ったレベル5以上のティンダングル墓地へ送る役割にも使える。
 同名カード捨てることはできないが、効果の発動自体には回数制限が無いため、手札が続く限り何度でも利用可能。
 《ティンダングル・エンジェル》リバース時の効果捨てたティンダングル蘇生できるためシナジーが強い。

 最大の問題は、サーチ手段が乏しい点。
 ティンダングルに属さず、《ナーゲルの守護天》などのように《おろかな副葬》から同名カードサーチするようなこともできない。
 かといって3枚投入して、複数枚を引いても2枚目以降は意味をなさないため、投入枚数の難しいカードといえる。

 手札からティンダングル捨てるのはコストではなく効果であり、効果の発動チェーンされこのカード除去された場合でも、手札を無為に失うということはない。

  • 名前の由来は、平面代数曲線に関する論文の執筆者で知られるスイスの数学者ガブリエル・クラメールか。
    クラメールという名前の数学者は他にもスウェーデンのハラルド・クラメールがいるが、こちらは確率論などを専門としている。
    このカードのイラストは曲線で描かれた渦巻く螺旋階段のようであり、前者の方に関連深いといえるだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《メールの階段》 魔法 永続魔法

広告