《メガロスマッシャー(エックス)/Megalosmacher X》

通常モンスター
星4/水属性/恐竜族/攻2000/守   0
太古の大海原に突如として現れた恐竜型バイオノイド。
自慢の消音装甲で獲物の背後に忍び寄り、音もなく喰らいつくが、
捕食モードになると体が発光する仕様なのでよく逃げられてしまう。

 ストラクチャーデッキR−恐獣の鼓動−で登場した水属性恐竜族下級モンスター

 《ジェネティック・ワーウルフ》らと並び、下級モンスターとしては最高の攻撃力2000を持つ通常モンスターの1体。
 もちろん、水属性としても恐竜族としても、デメリットのない下級モンスターの中では攻撃力が最も高い。
 それらの中でも唯一攻撃力が1900を超えており、下級モンスターなら概ね戦闘破壊できるステータスとなっている。
 《レスキューラビット》から《バハムート・シャーク》《エヴォルカイザー・ラギア》を狙うデッキなら、優先的に投入していいだろう。
 守備力が0であるため、《おもちゃ箱》によるリクルートや、《カメンレオン》による蘇生も可能である。

  • フレイバー・テキストにある「バイオノイド」とは、人工的に作られた生命体の事。
    「アンドロイド」と似ているが、あちらは機械的な面が色濃く出ているものに使うのに対して、こちらは生物的な側面が強いものに使う。
  • モチーフとなったのはジュラ紀後期に生息していたとされる海生爬虫類「プリオサウルス」だと思われる。
    首は短いが、「首長竜」に分類され、全長は4〜7メートル程度だが、大きいものは20メートルにも迫ると言われる。
  • 発見された顎から推測された力はティラノサウルスをも上回り、正式な学名がつけられるまでは、映画「プレデター」にちなんで「プレデターX」と呼ばれていた。
    語尾についたXの文字はここから由来すると思われる。
  • ちなみに、海生爬虫類は分類上『恐竜』という生物群には属していない。
    同じ時代に生息する巨大な爬虫類同士ということで、翼竜と同じく恐竜を取り巻く生物として共に語られる事が多く、また頻繁に恐竜と混同される生物たちの一つである。
  • 頭文字の「メガロ」は、メガロドンが由来になっていると思われる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《メガロスマッシャーX》 モンスター 通常モンスター 星4 水属性 恐竜族 攻2000 守0

広告