《メガロック・ドラゴン/Megarock Dragon》

効果モンスター
星7/地属性/岩石族/攻   ?/守   ?
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地に存在する岩石族モンスターを除外する事でのみ特殊召喚できる。
このカードの元々の攻撃力と守備力は、特殊召喚時に除外した
岩石族モンスターの数×700ポイントの数値になる。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した地属性岩石族特殊召喚モンスター
 通常召喚できず、自分墓地から岩石族モンスター除外する事でのみ特殊召喚できる召喚ルール効果と、その際除外したカードの数により元々の攻撃力・守備力を決定するルール効果を持つ。

 墓地肥やしから一撃必殺を狙える、【岩石族】フィニッシャー
 除外するモンスターの枚数が任意なのも利点で、3枚除外《サイバー・ドラゴン》級、5枚を除外すれば攻撃力3500に達する。
 除外したカードを利用すれば、《ロストガーディアン》強化《化石岩の解放》による帰還が可能。

 時には1体だけ除外して、リリース要員やシンクロ素材にしても良く、ランク7のエクシーズ召喚に利用することもできる。
 この場合墓地岩石族が貯まりやすく、融合モンスターレベル7のものが多い【ジェムナイト】に投入すると相性がいい。
 《ジェムナイト・クリスタ》を軸とした構築では、リクルートに用いる《ジェムナイト・アレキサンド》除外する事で即座に並べられる。
 このカード自体も《ジェムナイト・ジルコニア》融合素材に転用できるため、一考の余地はある。

 似た召喚条件を持つ、《地球巨人 ガイア・プレート》と比べた場合、爆発力では勝るが、ステータスが不安定であることがネックとなる。
 爆発力の面でも、《地球巨人 ガイア・プレート》は自身の効果攻撃力5600までのモンスターを処理でき、単純な攻撃力で考えても少なくとも5枚以上除外しなければあちらを上回ることができない。
 そのような状況下であれば、《地球巨人 ガイア・プレート》を複数ターンに渡って維持できることも考慮する必要がある。
 さらに元々の攻撃力が0であるため、《E−HERO ダーク・ガイア》との相性も悪く、《スキルドレイン》《エフェクト・ヴェーラー》といったカードに簡単に無力化されてしまう。
 上記の様にフィールドへの出しやすいレベル7という点も活かした上で、差別化を図りたい。
 【高等儀式術】【カオスゲート】のギミックを取り入れて、特化させるのも面白い。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける「十代vs岩丸」戦において岩丸のデッキに確認できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:元々の攻撃力・守備力を決定する効果の分類は何ですか?
A:特に分類のない効果チェーンブロックは作られません。(14/07/27)

Q:《スキルドレイン》フィールド上に表側表示で存在する場合、このカード攻撃力守備力は0になりますか?
A:なります。0にされたあとで《スキルドレイン》破壊しても、0のままになります。(12/10/06)

Q:特殊召喚後に裏側守備表示とされた場合、どうなりますか?
A:攻撃力守備力は0になります。
  特殊召喚のタイミングでのみ数値決定がなされるため、その後でリバースしても数値は0のままです。

Q:このカード特殊召喚無効になった場合、除外されたモンスターはどうなりますか?
A:コストなので除外されたままになります。


Tag: 《メガロック・ドラゴン》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星7 地属性 岩石族 攻? 守? 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告