《メタル・ガーディアン/Metal Guardian》

通常モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻1150/守2150
魔界の宝を守護する悪魔。
暗闇での守備は相当かたい。

 BOOSTER7で登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 ガーディアンの名前を持つ。

 悪魔族通常モンスターの中で、《タルワール・デーモン》に並ぶ最も高い守備力を持つ。
 しかし、上級通常モンスターとしては《千年の盾》《ネオアクア・マドール》に大きく劣り、悪魔族通常モンスターとしてはレベル4の《暗黒界の番兵 レンジ》と大差無い。

 《キラー・トマト》《カオスエンドマスター》からリクルートできるが、モンスターとしては殆どの状況で《魂を削る死霊》の方が有用である。
 また、ガーディアンに属するので《ウェポンサモナー》サーチ可能だが、より高いステータスバウンス効果を持つ《守護者スフィンクス》の方が優先される。
 とは言え、これらに対しても、貫通効果に強い点や、レベル5・闇属性悪魔族というステータスで差別化は可能である。
 しかし結局のところ、単体では貧弱な上級通常モンスターに過ぎず、ドローしてしまうと手札事故要因になりやすいため、やはり使いづらい。

  • 遊戯王OCGの前身であるバンダイ版遊戯王にも登場している。
    ステータスは原作と同じ攻撃力1500・守備力2800だが、レベルは6となっている。
    カラーリングは大きく異なり、ピンクを基調としたものになっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    「決闘者の王国編」における「闇遊戯vs闇のプレイヤーキラー」戦で、闇のプレイヤーキラーが使用。
    彼の台詞から、ほかの自分モンスター攻撃対象にできなくする効果を持っていたと思われる。
  • 「闇フィールドでパワーアップしていた」という無理のある理由から、中途半端な能力へと弱体化させられている1体。
    同様の経緯を持つ他のカードと同じく、原作では、はっきりとカード自体に攻撃力1500、守備力2800と表記されている。
    しかし、原作、GB版ゲームでのフィールド効果が30%上昇であったため、それを割り引かれた結果、OCG版の半端なステータスになっている。
    ちなみに、実際に30%上昇させた場合の能力値は「攻1495/守2795」と、微妙に異なる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM3・7・8では、レベルは5のままで攻・守が原作の数値になっていた。
    そのためDM3・7ではかなり強かった。
    しかしレベルの決め方が違うDM4ではレベル9だったのでこちらではかなり使いづらいモンスターになってしまった。

関連カード

収録パック等


Tag: 《メタル・ガーディアン》 モンスター 通常モンスター 星5 闇属性 悪魔族 攻1150 守2150 ガーディアン

広告