《メタルフォーゼ・カーディナル/Metalfoes Crimsonite》

融合モンスター
星9/炎属性/サイキック族/攻3000/守3000
「メタルフォーゼ」モンスター+攻撃力3000以下のモンスター×2

 ザ・ダーク・イリュージョンで登場した炎属性サイキック族融合モンスター

 融合召喚に必要な攻撃力3000以下のモンスターは数が非常に多く、融合召喚そのものは難しくない。
 だが、効果を持っていない上に《メタルフォーゼ・オリハルク》と打点に大差がなく、融合素材3体の消費に釣り合うとは言えない。
 《メタルフォーゼ・オリハルク》なら、必要な融合素材がこちらより少ない上に除去効果を持ち、わざわざこちらを使う意義は薄い。

 メタルフォーゼ通常モンスターが多くを占めている事から【イグナイト】同様《一回休み》《暴君の自暴自棄》との相性が良く、その場合は《メタルフォーゼ・オリハルク》が使えなくなるので一転してエースとなる。
 また、《メタルフォーゼ・コンビネーション》があれば、《メタルフォーゼ・オリハルク》融合素材融合召喚してもいいだろう。
 《メタルフォーゼ・オリハルク》の持つ除去効果《メタルフォーゼ・コンビネーション》による《メタルフォーゼ・オリハルク》蘇生で、ディスアドバンテージをある程度抑える事ができる。

 積極的に融合召喚を狙っていくのではなく、融合素材の縛りの緩さから《超融合》相手モンスター除去しながら展開できる点に注目するべきだろう。
 メタルフォーゼを軸としたデッキでは、このカードの存在だけで相手《超融合》を警戒させ、2体以上の攻撃力3000以下のモンスターの展開を躊躇させることができる。

 むしろこのカード【メタルフォーゼ】へのメタとして使用されることが多い。
 相手【メタルフォーゼ】と判明した場合、サイドデッキからこのカード《超融合》を投入し、相手が展開しきったところで相手モンスターのみを融合素材にこのカード融合召喚できる。
 特に【堕天使】エクストラデッキの枠が余りやすいデッキでは最初からエクストラデッキに投入されている例が多く見られる。

  • 「カーディナル」は英語で「緋色」やカトリック教会の「枢機卿」を意味する。
    だが、他のメタルフォーゼが金属由来という点を踏まえると、かつて日本で使用されていたといわれる「ヒヒイロカネ」がモチーフか。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《メタルフォーゼ・カーディナル》 モンスター 融合モンスター 星9 炎属性 サイキック族 攻3000 守3000 メタルフォーゼ

広告