《メテオ・プロミネンス/Meteor Flare》

通常罠
相手ライフが3000ポイントよりも多い場合、
手札を2枚墓地へ送って発動する事ができる。
相手ライフに2000ポイントダメージを与える。
このカードが墓地に存在する場合、
自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、
このカードを手札に加える事ができる。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した通常罠
 特定の条件下で手札コスト2枚と引き換えに相手に2000ダメージ与える効果と、通常のドローと引き換えに自身をサルベージする効果を持つ。

 《デス・メテオ》と違い通常罠なので、相手ライフが4000の時に2枚チェーン発動すれば止めを刺す事ができる。
 しかし、カード1枚で1000ポイントダメージを基本とするバーン効果の中で、3枚消費して2000ポイントは今ひとつ効率が良くない。

 そのため手札墓地へ送ることをメリットとする必要が出てくる。
 《ヴォルカニック・バックショット》《おジャマジック》のような墓地へ送られた時に発動する効果の使用や、《マジカル・エクスプロージョン》《ファイアーダーツ》等、手札が0枚の時のみ発動可能なカードのサポートを狙うと良いだろう。
 後者には他に適したカードが多数存在するが、前者とのかみ合わせは良く、《ヴォルカニック・バックショット》であれば火力増強が狙える。
 また、《おジャマジック》コストにすればハンド・アドバンテージを±0にでき、サルベージ効果により2〜3回連続の発動を狙える。

 よって上記のようなカードを使うデッキでアクセントとして使用するか、大量のドローエンジンを搭載した専用デッキを組んで使いたい。
 【チェーンバーン】において大量に搭載した手札交換カードバーンカードに変換できるため引導火力に転用できる。
 墓地同名カードが何枚存在しようとサルベージできるのは1枚であるため、不要になった2枚目以降は《ジャンク・コレクター》で再利用することでコストも軽減でき有効。
 この時フィールドが空になる可能性が高いため、《ディメンション・ウォール》も活用できる。

  • 日本名の「プロミネンス(Prominence)」とは、天文学の用語で「(太陽の)紅炎」を指す。
    太陽の下層大気である彩層の一部が磁力線に沿い、上層大気であるコロナ中に突出した赤い炎のことである。
    英語名が「隕石の燃え上がる炎」と訳されているのは、プロミネンスが隕石の炎を指さないためだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「遊星&ジャック&クロウvsレクス・ゴドウィン」戦においてレクスが使用。
    アニメでは相手ライフポイントに関係なく発動でき、遊星のライフポイントが1の時に発動される。
    しかし罠カード《ジョイント・フューチャー》により発動無効にされ、さらにデッキに戻されることで再利用の道も断たれた。
    また、公式サイトのデュエルワンポイントレッスンのTurn147において、2000ポイントの効果ダメージを与えるカードとして紹介された。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード墓地から手札加える効果チェーンブロックを作りますか?
A:はい、作ります。(09/11/26)

Q:通常のドローをする代わりに墓地から手札加える効果適用した時、墓地から除外されました。
 その場合でも通常のドローを行うことはできますか?
A:できません。(09/07/22)


Tag: 《メテオ・プロミネンス》 通常罠

広告