《メンタルスフィア・デーモン/Thought Ruler Archfiend》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/サイキック族/攻2700/守2300
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、
破壊したモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のライフポイントを回復する。
また、サイキック族モンスター1体を対象にする魔法・罠カードが発動した時、
1000ライフポイントを払って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 THE DUELIST GENESISで登場した闇属性サイキック族シンクロモンスター
 自分ライフ回復する誘発効果サイキック族対象にする魔法・罠カード発動無効にする誘発即時効果を持つ。

 1つ目の効果戦闘破壊の際にライフ回復する効果
 レベルシンクロモンスターとしては中途半端な攻撃力だが、戦闘破壊できる範囲はそれなりに広いので、ライフ・アドバンテージ目当てで採用する価値はある。
 【サイキック族】はもちろん、《神の警告》《我が身を盾に》などライフポイントを消耗しやすいカードを多用するデッキとは相性が良い。
 一般的なビートダウンデッキでも、このカード戦闘破壊できるモンスターと場持ちのよさを考えると勝利に結びつく大きなライフゲインを期待できる。

 2つめの効果サイキック族への対象耐性
 自身もサイキック族なので、実質対象を取る効果耐性を持っていると言える。
 モンスター効果の発動には、1000ライフという高めのコストを要求するが、自身のライフ回復効果によって1回分のコストはすぐに賄える。
 シンクロモンスター全体が弱点とする《強制脱出装置》も怖くないが、無効にできるのは対象をとる魔法・罠カードのみと決して広くなく、効果モンスターには全くの無力。
 また、シンクロ召喚自体を無効にしてくる《神の警告》にも無力である。
 勿論対象を取らない《地砕き》《奈落の落とし穴》を回避できず、この点は同じく詰めの局面で役立つ《スターダスト・ドラゴン》等と異なる。
 その一方、《次元幽閉》《月の書》等を気にせず攻め込めるのは《スターダスト・ドラゴン》に勝る部分である。

 対象を取る魔法・罠カードの採用率が高かった頃は優秀な耐性であったが、近年相手モンスター除去は専らモンスター効果で行われており、魔法・罠カードモンスター対策をする場合は《虚無空間》などでフィールドに出すこと自体を封じることが多い。
 単体で見ると、モンスター効果には無力で打点も中途半端であり、ボード・アドバンテージを取りやすい訳ではないので、かつてのように汎用シンクロモンスターとして適当なデッキに採用しても活躍はあまり期待できない。
 やはり【サイキック族】など自身の効果をフル活用できるデッキでこそ輝くカードと言える。

  • 「スフィア(Sphere)」とは、「玉、球体」以外に「範囲、領域、分野、階級」等の意味を持つ。
    英語名の「Thought」は「思考力、想像力」、「Ruler」は「支配者」の意。

関連カード

―《メンタルスフィア・デーモン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:同一チェーン上で、サイキック族1体を対象にする魔法または罠カード発動無効にし破壊する効果は複数回発動できますか?
A:同一チェーン上で複数回発動できます。(08/06/01)

Q:ダメージステップ中でも、無効効果発動できますか?
A:はい、発動可能です。(08/06/01)

Q:「サイキック族サイキック族」、「サイキック族魔法カード」の様に、複数が同時に対象となった場合は、無効効果を使えますか?
A:いいえ、使えません。
  サイキック族1体が対象となった時のみです。(08/05/16)

Q:墓地除外されたサイキック族1体が魔法・罠カード対象となった場合でも発動できますか?
A:はい、その場合でも発動できます。(09/09/26)

Q:この効果魔法・罠カード効果の発動無効にできますか?
A:魔法・罠カードの”カードの発動”のみを無効にできる効果です。(11/12/17)

Q:相打ちの場合、回復効果発動できますか?
A:この効果ダメージステップ終了時発動する効果のため、自身が戦闘破壊されてしまう場合は発動できません。(14/04/03)


Tag: 《メンタルスフィア・デーモン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 サイキック族 攻2700 守2300 デーモン

広告