《モノ・シンクロン/Mono Synchron》

チューナー(効果モンスター)
星1/闇属性/機械族/攻   0/守   0
このカードをシンクロ素材とする場合、
他のシンクロ素材モンスターはレベル4以下の
戦士族・機械族モンスターでなければならず、そのレベルは1として扱う。

 DUELIST EDITION Volume 3で登場した闇属性機械族下級モンスターチューナー
 シンクロ召喚する場合に、他のシンクロ素材レベル1として扱う効果外テキストを持つ。

 非チューナー種族を制限するため、《金華猫》から即座にシンクロ召喚できない。
 また、非チューナーは強制的にレベル1になってしまうため、《シンクロ・マテリアル》等を使用しない限りはレベル5までのシンクロモンスターしかシンクロ召喚できない。
 レベル4以上はボード・アドバンテージの損失が大きく、レベル3の《霞鳥クラウソラス》《たつのこ》レベル2の《フォーミュラ・シンクロン》《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》《焔紫竜ピュラリス》《天輪の双星道士》シンクロ召喚することになるだろう。
 特に、レベル2の非チューナーシンクロ素材にして《天輪の双星道士》シンクロ召喚すれば、《天輪の双星道士》効果シンクロ素材としたレベル2の非チューナーをすぐ特殊召喚できる。
 《ドッペル・ウォリアー》を素材とした場合はドッペル・トークン特殊召喚されるため、最大でレベル6のシンクロモンスターをそのままシンクロ召喚できる。

 しかしながらこのカードを使ってまで《天輪の双星道士》以外のモンスターを出す意義は薄く、そもそも最初からレベル1の有用なモンスターを使えばいい話である。
 また、《霞鳥クラウソラス》は自身の効果を活かすために別途戦闘を行うモンスターが必要なため、シンクロ素材と合わせて自分フィールド上に4体ものモンスターを要求される。
 シンクロ召喚可能なシンクロモンスターが限られるデメリットは非常に痛く、シンクロンに限っても《アンノウン・シンクロン》等、優先したいカードは多い。
 一応、《マジック・ストライカー》等の特殊召喚しやすいモンスターを投入し、エクシーズ召喚も狙うデッキの場合、レベル1のモンスタートークンが少なくなるため、投入を検討しても良いかもしれない。

  • 「モノ(Mono-)」とは「単一の、一つの」という意味を持つ接頭辞。
    自身のレベルや、レベル1に関する効果はこのカード名に由来していると思われる。
    左手には「1」、イラストでは確認し辛いが右手には「LV」の文字が左右反転して書かれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:シンクロ召喚する場合に、他のシンクロ素材レベル4以下の戦士族機械族モンスターでならずレベル1として扱う効果《スキルドレイン》無効になりますか?
A:いいえ、モンスター効果として扱いませんので無効になりません。(12/08/11)


Tag: 《モノ・シンクロン》 効果モンスター モンスター チューナーモンスター 星1 闇属性 機械族 攻0 守0 シンクロン

広告