《ライカン・スロープ/Lycanthrope》

儀式・効果モンスター
星6/地属性/獣戦士族/攻2400/守1800
「合成魔術」により降臨。 
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
自分の墓地に存在する通常モンスターの数×200ポイントダメージを相手ライフに与える。

 STRIKE OF NEOSで登場した地属性獣戦士族儀式モンスター
 戦闘ダメージを与えた時、更に相手効果ダメージを与える誘発効果を持つ。

 儀式召喚する手間に比べてステータスは低い。
 効果発動を補助するためにも、儀式魔人などのサポートを入れておきたいところ。
 獣戦士族サポートカード《幻獣の角》なども併用し打点補助もして置きたい。

 効果墓地通常モンスターの数に依存するため、ダメージ効率でいえば、他の儀式モンスターを使う方が上になりやすい。
 使うなら通常モンスターに特化した構築にして置きたい。
 《高等儀式術》とは相性がいいが、仮にこれでレベル1を6体墓地へ送る事に成功しても1200と大したダメージにならない。
 《儀式の準備》に対応するとはいえ、最低2枚のカードを集めねばならず、《マンジュ・ゴッド》などの儀式召喚補助にデッキスペースを割くと火力も落ちる。
 《魔導雑貨商人》を使うにしても、儀式魔法が入る分墓地を肥やす枚数を稼ぎにくく、他をあたったほうが安定するだろう。
 一応、聖刻を用いれば《ガード・オブ・フレムベル》《エレキテルドラゴン》などと連携を取ることは可能だが、やはり火力は確保しがたい。

 《ジェネティック・ワーウルフ》などと炎舞を共有しアタッカーとする事もできるが、儀式魔人効果と噛み合っているとは言いがたく、どのような役割にせよ使い勝手の悪さは否めない。

  • 「ライカンスロープ(Lycanthropie,Lycanthrope)」は、元々はギリシャ語の狼(lycos)と人間(anth-ropos)の合成語で、狼男(ワーウルフ)を指す言葉だった。
    その後種類が増えたため、「人間と獣の混成生物」の総称として使われるようになった。
    「リカントロープ」と表記されることもある。
  • ちなみに、遊戯王Rにおいてピート・コパーマインが《リカント・ロープ》という名前のカードを使用している。
    このカード名とは表記が異なるだけで同じ意味を持つが、全く別物のカードである。

関連カード

―《ライカン・スロープ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ライカン・スロープ》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 星6 地属性 獣戦士族 攻2400 守1800

広告