《ライト・オブ・デストラクション/Light of Destruction》

永続罠
相手の効果によって相手のデッキからカードが墓地へ送られた時、
相手のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

 DUELIST REVOLUTIONで登場した永続罠
 相手デッキカード墓地へ送るたびにデッキ破壊する効果を持つ。

 そもそも、自らのデッキを削るデッキは基本的に墓地アドバンテージを重視するデッキである。
 つまり、このカード発動したところで相手墓地肥やし手助けして墓地アドバンテージを献上する結果にしかならないのである。

 一応、相手フィールドに多数のライトロードが存在する状況で発動すれば、相手の想定を大幅に超えた枚数のデッキを削り、デッキ切れで勝負を決めることができるだろう。
 しかし、一度に大量の墓地肥やし強制効果で行うデッキ【ライトロード】以外に存在せず、このカード【ライトロード】に対するピンポイントメタという事になる。
 【ライトロード】に対しメタを張るならば、より汎用性の高い《閃光を吸い込むマジック・ミラー》《マクロコスモス》で十分であり、このカードにお呼びがかかる事はまずない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:チェーンブロックを作りますか?
A:はい、作られます。(10/04/21)

Q:コストに対応しますか?
A:対応しません。(10/04/21)


Tag: 《ライト・オブ・デストラクション》 永続罠

広告