《ライトロード・アサシン ライデン/Raiden, Hand of the Lightsworn》

チューナー・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守1000
「ライトロード・アサシン ライデン」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。
この効果で墓地へ送ったカードの中に「ライトロード」モンスターがあった場合、
このカードの攻撃力は相手ターン終了時まで200アップする。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

 デュエリストセット Ver.ライトロード・ジャッジメントで登場した光属性戦士族下級モンスターチューナー
 デッキトップカード墓地へ送り自己強化する起動効果と、ライトロード共通の誘発効果を持つ。

 (1)は、デッキトップカード2枚を効果墓地へ送り攻撃力をアップする起動効果
 多くのライトロードと異なり、この効果メインフェイズ墓地を肥やす事ができる。
 ライトロードエンドフェイズ墓地を肥やすものが多く、墓地に落ちたカードをすぐに利用するのが難しいが、この効果墓地肥やしの結果が即座に次の展開に繋げられる。
 自己強化効果も兼ね備えているが、強化値が小さい上に適用できるかランダムなので、オマケだと考えていいだろう。

 (2)は、ライトロード共通の誘発効果

 (1)だけでなく(2)の効果によりエンドフェイズにも墓地肥やしを行うので、特に素材にしなければ合計4枚のカードデッキから墓地へ送ることができる。
 1ターンに2度の墓地肥やしが行えるので、《ライトロード・ウォリアー ガロス》トリガー役としても優秀。
 レベルチューナーというステータスも扱いやすく、《ライトロード・サモナー ルミナス》蘇生させるだけでレベル7のシンクロ召喚が可能。
 (1)の効果《ライトロード・ビースト ウォルフ》特殊召喚されればレベル8のシンクロ召喚ランク4のエクシーズ召喚も狙える。
 このように【ライトロード】では主要な墓地肥やし要員・素材要員であり、複数枚起用される事も多い。

 《カードガンナー》等と同様に、手軽な墓地を肥やすモンスターとして、【ライトロード】以外のデッキでも採用が検討できる。
 《光の援軍》等ののサポートカードを使用できる点、チューナーである点は《カードガンナー》にはない利点である。
 光属性であるのでカオスコストに使用できるのはもちろん、効果カオス特殊召喚の補助も狙える。
 《召喚僧サモンプリースト》リクルートしてシンクロ素材にすれば、そのままカオスを並べられる。

  • VJ特別編によると、単身で多くの敵将を倒してきた実力者だが、「早く戦争を終わらせて平和を訪れさせたい」という願いを持っていると記載されている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分デッキカードの枚数1枚の時に(1)の効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/11/23)

Q:(1)の効果の処理時に自分デッキカードの枚数が1枚になった場合、そのカード墓地へ送られますか?
A:はい、墓地へ送られます。(13/11/23)

Q:(1)の効果ライトロードと名のついたモンスター墓地へ送った場合、デッキカード墓地へ送る処理と攻撃力がアップする処理は同時に行う扱いですか?
A:いいえ、同時に行う扱いではありません。(13/11/23)


Tag: 《ライトロード・アサシン ライデン》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星4 光属性 戦士族 攻1700 守1000 ライトロード

広告