《ライトロード・ドルイド オルクス/Aurkus, Lightsworn Druid》

効果モンスター
星3/光属性/獣戦士族/攻1200/守1800
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いのプレイヤーは「ライトロード」と名のついたモンスターを
魔法・罠・効果モンスターの効果の対象にできない。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

 EXTRA PACK Volume 2で登場した光属性獣戦士族下級モンスター
 ライトロード対象をとることができない永続効果と、ライトロード共通の墓地肥やし誘発効果を持つ。

 このカードが存在するとき、ライトロード対象にする効果発動することができない。
 他方で既に発動した効果に対する無効効果はない。
 例えばチェーンして《リビングデッドの呼び声》などで《ライトロード・ドルイド オルクス》をフィールドに出し、対象をとる効果効果解決時に存在させても効果無効化しない。

 ライトロードをあらゆる効果対象にできないという永続効果は、メリットにもデメリットにもなる効果である。
 《次元幽閉》《月の書》等のカードを回避できる代わりに、こちらもライトロード装備魔法を装備することができない。
 また比較的高い守備力を持っているが攻撃力は低いため、攻撃性の強い【ライトロード】では微妙な立ち位置になる。

 この効果相手も含めた全てのライトロードに及ぶため、【ライトロード】ミラーマッチでの使用に注意。
 また、フィールド上の表側表示ライトロードだけでなく、墓地ライトロード対象とする効果にも影響を及ぼす。
 つまり《ライトロード・サモナー ルミナス》効果が機能しなくなる代わりに、《D.D.クロウ》効果除外されることもない。

 以上の様に決して使い勝手の良いモンスターではないが、相手デッキによってはかなりの影響力を与えるライトロードである。
 《光の援軍》《炎舞−「天キ」》によるサーチ《ライトロード・サモナー ルミナス》による蘇生に対応しているため、出すタイミングを調整しやすいのは強みである。
 他のライトロード同様に墓地肥やし能力が備わっており、《裁きの龍》特殊召喚するための種類増やしの役割も果たす。
 低い攻撃力も、《オネスト》《ネクロ・ガードナー》で防御することができる【ライトロード】ではそこまで致命的なものでもない。
 いざとなったら《ライトロード・サモナー ルミナス》と共にランク3のエクシーズ召喚を狙うのも手である。

  • 「ドルイド(druid)」とは、ケルト人社会における祭司を意味する。
    また、ダンジョンズ&ドラゴンズに代表されるRPG的な世界観では、ドルイドとは自然と心を交わし自ら獣に変身する能力を持つ魔術師である。
    ライトロードは総じて後者のニュアンスを採用しており、人間の姿をしているのに種族獣戦士族であるのはそういうわけだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:対象にできないのは永続効果エンドフェイズ墓地へ送る効果誘発効果です。(09/09/19)

Q:墓地ライトロード《死者蘇生》を使う等、フィールド以外に存在するライトロード対象にすることは可能ですか?
A:できません。墓地だけではなく除外状態のライトロードと名のついたモンスター対象にできません。(09/09/19)

Q:すでに発動済みの《リビングデッドの呼び声》があります。
  このモンスターを後から召喚した場合、なんらかの関係はありますか?
A:このモンスター永続効果は「発動」のみを制限します。すでに発動済みのカードには干渉しません。(09/09/19)

Q:《リビングデッドの呼び声》墓地から特殊召喚した場合、完全蘇生になりますか?
A:いいえ、なりません。《サイクロン》等で《リビングデッドの呼び声》破壊すると《ライトロード・ドルイド オルクス》も破壊されます。(10/11/25)


Tag: 《ライトロード・ドルイド オルクス》 効果モンスター モンスター 星3 光属性 獣戦士族 攻1200 守1800 ライトロード

広告