《ライトロード・プリースト ジェニス/Jenis, Lightsworn Mender》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻 300/守2100
「ライトロード」と名のついたカードの効果によって
自分のデッキからカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、
相手ライフに500ポイントダメージを与え、自分は500ライフポイント回復する。

 THE DUELIST GENESISで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 ライトロードの1体でありバーンライフ回復する誘発効果を持つ。

 下級魔法使い族では最高の守備力を持ち、効果発動する度に1000のライフ・アドバンテージを得ることができる。
 しかし、自身のみでは効果の発動が不可能であることに加え、デッキ切れの危険が付きまとう【ライトロード】には守備寄りの性能は噛み合わない。
 下級ライトロードには優秀なカードが多いため、《裁きの龍》《ライトロード・ドラゴン グラゴニス》のためにライトロードの種類を増やしたい場合に投入する程度になるだろう。

 前述の通り下級魔法使い族では最高の守備力を持つ。
 同守備力には、同レベルペンデュラムモンスター除去効果持ちの《紫毒の魔術師》レベル通常モンスター《星杯を戴く巫女》がいる。
 墓地を重視する光属性軸の【魔法使い族】などでなら、それらより優先して役に使用できなくもない。
 《見習い魔術師》などのリクルーターの方が場持ちが良いこともあるが、環境次第では効果よりもステータスを優先することもあるだろう。
 《フォトン・スラッシャー》などの2100ラインの攻撃を受け止め、返しのターンシンクロ召喚エクシーズ召喚《ライトロード・エンジェル ケルビム》に繋げられれば理想的。
 【ライトロード】以外で採用すると効果発動機会は格段に落ちるが、同じ魔法使い族《ライトロード・マジシャン ライラ》等を併用すれば狙えなくはない。

  • カードイラストは女性だが、日本語版やドイツ語版などでの名称は男性系で表記されている。
    たとえば、日本名の「プリースト(Priest)」とは男性の僧侶を表し、女性なら「プリーステス(Priestess)」と表記される。
    なお、英語名の「Mender」は「(傷・悲しみを)癒す」という動詞の「mend」から来ており、直訳で「癒す人」という意味になる。

関連カード

―《ライトロード・プリースト ジェニス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカードフィールド上に表側表示で存在しない時に「ライトロード」と名のついたカードの効果によって自分デッキからカード墓地へ送られ、その後にこのカード召喚した場合そのエンドフェイズ効果発動しますか?
A:はい、その場合でも発動します。(08/07/09)

Q:相手ダメージを与える処理と自分ライフポイント回復する処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いです。(12/06/24)


Tag: 《ライトロード・プリースト ジェニス》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻300 守2100 ライトロード

広告