《ライトロードの(さば)き/Lightsworn Judgment》

通常罠
(1):このカードをデッキの一番上に戻す。
(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果で
デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「裁きの龍」1体を手札に加える。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した通常罠
 自身をデッキトップ戻す効果デッキから墓地へ送られた場合に《裁きの龍》サーチする効果を持つ。

 (1)は自身をデッキトップに戻す効果であり、ただ発動しても自分ドローロックがかかってしまう。
 このカードの本質は(2)のサーチ効果であり、この効果はこのカード手札に来てしまった場合の保険という意味合いが強い。
 このカードデッキトップに戻した後、多くのライトロードが持つデッキトップ墓地へ送る効果発動すれば、(2)の効果に繋げる事ができる。
 ただ、罠カードゆえに発動が遅い上に、ほとんどのライトロード自分ターンデッキトップ墓地へ送るために、相手ターンには発動しづらいのが難点。
 このカード手札に来た場合は《ゾンビキャリア》等の効果デッキトップ戻すのがよいだろう。

 このカードデッキトップに戻した後は、起動効果デッキトップから墓地へ送れる《ライトロード・アサシン ライデン》《ライトロード・セイント ミネルバ》コンボしたい所。
 《ライトロード・セイント ミネルバ》破壊されそうになった際に発動すれば、あちらの効果での除去に繋げられるが、このカードが先に狙われる可能性もある事を念頭に置いておきたい。

 (2)の効果により《裁きの龍》サーチできるが、発動条件として「ライトロードモンスター効果墓地へ送る」必要がある。
 《ソーラー・エクスチェンジ》《光の援軍》墓地へ送られた場合には発動できないというのは痛い。
 また、《ライトロード・エンジェル ケルビム》コスト墓地へ送るため、この効果トリガーとはならない。
 さらに、《裁きの龍》の方が先に墓地へ送られてしまい、発動できてもサーチ対象がいないという可能性もある。

 上記の通りかなり扱いづらいカードであるが、《ライトロード・ドミニオン キュリオス》ならばこのカードをピンポイントで墓地へ送れるので相性がよい。
 このカードピン挿しの場合でも機能しやすいので、デッキに組み込んでみても良いだろう。

 《裁きの龍》サーチカードには《エクリプス・ワイバーン》も存在する。
 あちらは手札コストでもよく、モンスターゆえに腐る場面も少ないが、サーチまでに必要なプロセスが多い。
 こちらは、即効性があり、ライトロードの名を持つ点から《ライトロード・セイント ミネルバ》と相性が良い点で差別化できる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップに(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/04/25)


Tag: 《ライトロードの裁き》 通常罠 ライトロード

広告