《ラスタライガー》

リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:上/左/右/下】
トークン以外のモンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手の墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力分アップする。
(2):このカードのリンク先の自分モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
リリースしたモンスターの数だけ、フィールドのカードを選んで破壊する。

 週刊少年ジャンプ(2019年22・23合併号) 付属カードで登場した光属性サイバース族リンクモンスター
 墓地リンクモンスター1体の攻撃力ターン終了時まで自身に加算する起動効果リンク先モンスターを任意の数リリースしてその数だけフィールドのカード破壊する起動効果を持つ。

 (1)は墓地リンクモンスター1体の攻撃力を自身に加算する効果
 対象除外コストにするといった条件はなく、毎ターンノーコスト発動できる。
 このカードリンク素材リンクモンスターを使用すれば対象先は確保できるため、発動できないということはほぼないだろう。
 リンク3を経由しておけば攻撃力4000以上は確保できる。
 なお、返しの相手ターンには耐性も無い攻撃力2000のモンスターでしかなく、複数ターンに跨って利用するには他のカードによる守りが必須となる。

 (2)はコストにしたモンスターの数だけフィールドのカード破壊する効果
 リンクマーカーの向きの関係上、1〜3枚の破壊となる。
 防がれやすい「破壊」ではあるが、対象を取らずカードの種類や表裏は問わない。
 ただし、リンク4のこのカードを出した上でリリースできるモンスターを用意する必要はあるため、トークン等を利用し消費を抑える工夫がほしい。

 個々の効果の性能は悪くはないが、大型モンスターが揃うリンク4としては効果が小粒か。
 打点要員なら《双穹の騎士アストラム》《ヴァレルソード・ドラゴン》がおり、除去要員としても1:1交換以上の事ができないためアドバンテージを稼げず、優先されづらい。
 ただ、《ファイアウォール・X・ドラゴン》蘇生できる点を活かすのならば優先させる意義がある。
 リンクマーカーの向きがあちらの効果と相性が良く、同じリンクマーカーを有する《ファイアウォール・ドラゴン》禁止カード化されているため、この条件を満たすカードは少ない。

  • カード名は、ラスタ形式以外のデータをラスタ形式の画像にして保存する「ラスタライズ」と「ライガー」を合わせたものだろう。
    ラスタライズを行うと画像が処理されると共にパス等の余計なデータが削ぎ落とされ最適化されるのだが、(1)が最適化処理、(2)が余計なデータの処分を表していると思われる。
  • デザイン・体色・登場時期などから《プログレオ》とは関連性があると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ラスタライガー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 光属性 サイバース族 攻2000

広告