《ランチャー・コマンダー》

効果モンスター
星4/地属性/サイバース族/攻1700/守1200
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 CODE OF THE DUELISTで登場した地属性サイバース族下級モンスター
 自身以外のサイバース族全体強化する永続効果サイバース族リリースすることで相手表側表示モンスター1体を破壊する起動効果を持つ。

 (1)の効果は同種族攻撃力強化
 《デコード・トーカー》リンク先に出せばあちらの自己強化も合わせて攻撃力を3100にまで強化できる。
 その他、このカード蘇生できる《RAMクラウダー》ならば、強化後の攻撃力は2100になる。
 しかし、全体強化を狙うよりは、大量展開してリンクモンスターに繋いだ方が総攻撃力を上げやすい。
 自身も準アタッカークラスではあるが自己強化はできず、不安が残る。

 (2)はサイバース族リリースし、相手表側表示モンスター1体を破壊する効果
 自身もリリースできるため、召喚し即座にリリースすれば、《ならず者傭兵部隊》などと同様の1:1交換が可能。
 しかし、他のサイバース族を用いる場合、せっかく(1)で強化されているモンスターを捨てることになってしまい、2つの効果の相性が悪い。
 ガジェット・トークン《ビットロン》などをコストにしたいところ。
 エクストラモンスターゾーンサイバース族リンクモンスターリリースし、蘇生によるメインモンスターゾーン移動の布石とするのが最も効率が良い。

  • 「ランチャー」とは、一般的にはミサイルやロケットの発射装置のことだが、サイバース族がコンピューターをテーマとしていることを考えると、プログラムを呼び出すソフトウェアの「ランチャー」であろう。
    イラストでは、銃火器を搭載しており、前者のランチャーともかけているのだろう。
    またコマンダーとは「指揮官」や「突撃隊員」などの意味を持つ言葉だが、コンピューター用語で言うところの「コマンド」には、ソフトウェアやハードウェアの機能を実行するための命令という意味もある。

関連カード

リリースによる除去効果を持つものは《ならず者傭兵部隊》を参照。

収録パック等


Tag: 《ランチャー・コマンダー》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 サイバース族 攻1700 守1200

広告