《ラヴァル・ガンナー/Laval Blaster》

効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1200/守 800
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地に「ラヴァル・ガンナー」以外の
「ラヴァル」と名のついたモンスターが存在する場合、
デッキの上からカードを5枚まで墓地へ送って発動できる。
このカードの攻撃力は、この効果を発動するために墓地へ送った
「ラヴァル」と名のついたモンスターの数×200ポイントアップする。

 DUEL TERMINAL −エクシーズ始動!!−で登場した炎属性戦士族下級モンスター
 召喚成功時に自分墓地ラヴァルが存在する場合に、コストとしてデッキトップからカードを5枚まで墓地へ送り、その中のラヴァルの数だけ攻撃力自己強化する誘発効果を持つ。

 単純に5枚ものカードを1ターンのうちに墓地へ送る事が可能なのは破格。

 一気に5枚もの墓地肥やしができるが、発動条件がある上コストとして墓地へ送る
 これは効果無効になっても墓地肥やしが可能というメリットにもなるが、ライトロード等と違い《ラヴァル炎火山の侍女》効果発動できないというデメリットでもある。
 このカードで仮に5枚ラヴァルが落ちれば、手札《ラヴァルバーナー》《ラヴァル・コアトル》や、《ラヴァル炎湖畔の淑女》が即座に効果を発揮できる。
 《炎熱伝導場》《ラヴァルの炎車回し》には無い利点として、《炎渦の胎動》などのラヴァルの名は持たないがラヴァル墓地からサポートするカードを落とせる可能性がある。

 ただ、【ラヴァル】《真炎の爆発》を核にするタイプが主流であり、そのタイプでは《真炎の爆発》手札に加えなければ動き辛いデッキである。
 そのため墓地を高速で肥やすデッキではあるがデッキ破壊に非常に弱く、《真炎の爆発》墓地へ落ちてしまうと回収が困難になってしまう。
 よって、魔法・罠カードを落としてしまう可能性のあるこちらより、《炎熱伝導場》等の方が安定性はあるのは否めない。
 こちらは【ラヴァル】よりか、ラヴァルを混ぜたデッキの方が扱いやすい。
 エクシーズモンスターシンクロモンスター共に一定の汎用性があるモンスターもいるので、条件は満たしやすい。

 類似効果を持つモンスターとして《カードガンナー》が存在する。
 あちらは1回で墓地肥やしできる枚数は3枚だが、召喚成功時以外にも発動可能であり、発動条件の無い起動効果なため、複数回発動できる可能性がある。
 なにより破壊時のドロー効果のおかげでカード・アドバンテージを失わない。
 こちらはサーチサルベージの容易な戦士族である点や、ラヴァルと名のついたモンスターであることが利点となる。
 また、アップした攻撃力は戻らないので、相手ターンに低攻撃力をさらさずに済む。
 安定性はないものの、4体以上のラヴァル墓地へ送ることができれば《カードガンナー》攻撃力を上回ることもできる。

関連カード

―《ラヴァル・ガンナー》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:墓地へ送るのはコストですか?
A:はい、そうです。(11/04/27)

Q:自分デッキラヴァルと名のついたモンスターが存在しない時に、デッキの上からカードを5枚まで墓地へ送ってこのカード効果発動できますか?
A:はい、その場合でも《ラヴァル・ガンナー》はデッキの上からカードを5枚まで墓地へ送って効果発動できます。(14/03/20)


Tag: 《ラヴァル・ガンナー》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 戦士族 攻1200 守800 ラヴァル

広告