《ラヴァル・グレイター/Laval the Greater》

シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/戦士族/攻2400/守 800
チューナー+チューナー以外の炎属性モンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、自分は手札を1枚墓地へ送る。
このカードがカードの効果によって破壊される場合、
代わりに自分の墓地の「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を
ゲームから除外できる。

 DUEL TERMINAL −ヴァイロン降臨!!−で登場した炎属性戦士族シンクロモンスター
 シンクロ召喚成功時に自分手札1枚を墓地へ送る誘発効果と、被効果破壊時に身代わり墓地ラヴァル1枚を除外できる永続効果を持つ。

 シンクロ素材を縛っている上、シンクロ召喚時に手札を捨てるデメリットを有し、コストにはラヴァルが必要なため採用できるのは【ラヴァル】専用となる。
 捨てるデメリットは後半の効果を使用しやすくなるが、大抵はシンクロ召喚した時点で発動コストを賄えているだろう。
 一応、デッキの性質上多数のチューナーを抱え込むことになる【ラヴァル】では、手札に溜まり込んだチューナー墓地へ送ることはできる。

 効果破壊耐性を持ちコストがある限り何度でも使えるが、戦闘破壊には一切対応せず、破壊以外の除去も無力である。
 ステータスレベル6な中では高めだが現在の水準では低く、強化しなければエクシーズモンスターにも容易に戦闘破壊されてしまう。
 一応、自分カードの効果による破壊にも耐性があるため、《激流葬》などに巻き込んでしまう恐れはない。
 ただ、【ラヴァル】墓地アドバンテージも重要のため、むやみに除外してしまうと逆に首を絞めてしまう。

 《魅幽鳥》と同じ縦列にシンクロ召喚するなど、モンスター効果の発動を封じることで耐性を維持しつつデメリットを踏み倒すことができる。

 基本的に【ラヴァル】では、レベルが1つ上だがステータスが高く、《強制脱出装置》などにも耐性を持つ《ラヴァル・ステライド》が優先されやすい。
 また、攻撃力が上回る上、墓地肥やしを加速させるメリットも持つ《ラヴァルバル・ドラグーン》も同レベルに存在する。
 このカードはこれらより守備力が低いため攻守変更のカードに非常に弱く、かといって守備力200でもないため一部サポートにも対応しない。
 元々相手伏せカードを割りやすいデッキのため《奈落の落とし穴》等に強い利点もあまり活かせない。
 【ラヴァル】では性質上、他のシンクロモンスターを多用し、枠が厳しいため、メリットが乏しすぎるこのカードの採用は非常に厳しいと言わざるを得ない。

関連カード

―《ラヴァル・グレイター》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:手札0枚のときにこのカードシンクロ召喚できますか?
A:はい、できます。
  また、手札0枚の時にシンクロ召喚した時でも自分手札1枚を墓地へ送る効果発動し、チェーンブロック自体は作られます。(10/04/30)


Tag: 《ラヴァル・グレイター》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 炎属性 戦士族 攻2400 守800 ラヴァル

広告