《ラヴァルのマグマ砲兵(ほうへい)/Laval Magma Cannoneer》

効果モンスター
星4/炎属性/炎族/攻1700/守 200
手札から炎属性モンスター1体を墓地へ送って発動する。
相手ライフに500ポイントダメージを与える。
この効果は1ターンに2度まで使用できる。

 GENERATION FORCEで登場した炎属性炎族下級モンスター
 手札炎属性モンスター墓地へ送る事で相手ダメージを与える起動効果を持つ。

 手札コスト1枚につき500ダメージは心許なく、単純に効果だけを比べればコストが無い《ヴォルカニック・エッジ》がいる。
 1ターン2回と言う制限もあり、バーンデッキではあまり役に立たない。
 使うとすれば、普段はアタッカーとして運用し、手札腐ってしまったカードの処理や、引導火力になる時のみ効果を使う形だろうか。
 効果を使う場合、バーン効果よりも、1ターンに2枚まで墓地を肥やせることをどう活かすかが重要になる。
 【ラヴァル】では手札捨てたいラヴァルが溜まるといった状況はままある事で、また1ターンキルを狙う事の多いデッキの性質上500〜1000のバーンが助けになる可能性はある。
 他には、このカード《ラヴァル炎火山の侍女》《炎熱伝導場》《真炎の爆発》に対応した唯一のレベル4非チューナーとしての価値もある。

 また、《エンシェント・ゴッド・フレムベル》シンクロ素材とする場合には、炎族の非チューナーであるこのカードが役立つ。
 【ラヴァル】であれば採用は十分検討できるだろう。

 【ヴォルカニック・バーン】での火力として運用するのも手である。
 《ヴォルカニック・バレット》ならば弾丸の補充も容易であり、また《ヴォルカニック・バックショット》を使った場合は合計1000のダメージとなり効率は上がる。

  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルで複数のオボット(改)との決闘シーンで登場。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ラヴァルのマグマ砲兵》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 炎族 攻1700 守200 ラヴァル

広告