《リ・バイブル/Re-Cover》

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/サイキック族/攻 700/守 300
「リ・バイブル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在し、
自分のエクストラデッキの枚数が相手よりも5枚以上少ない場合、
2000LPを払って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールドから離れた場合に除外される。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した地属性サイキック族下級モンスターチューナー
 条件下で自己再生する起動効果を持つ。

 ライフコストのみで自己再生できるのでカード・アドバンテージを失わない。
 しかし発動条件がやや厳しく、エクストラデッキ相手より5枚以上少ないという条件を要求される。
 連続してリンク召喚シンクロ召喚等を積極的に行うデッキであれば5枚程度なら一気に消費できるため、条件を満たす事自体は可能ではある。
 例えば《水晶機巧−ハリファイバー》でこのカードリクルートし、《リンクリボー》リンク召喚してさらにリンク3に繋ぐ場合、このカード墓地に置きつつエクストラデッキを3枚消費できる。
 ただ、相手エクストラデッキを積極的に消費するデッキだった場合や、相手エクストラデッキが元々少ない場合など、効果を全く使用できない状況もあり安定しない。
 初めから自分エクストラデッキの枚数を抑えるという手もあるが、自己再生チューナーが欲しいデッキは大抵はエクストラデッキの枠が厳しく、現実的ではない。
 エクストラデッキを多く消費するコンボデッキ先攻を取った場合に活躍できるといったところか。

 なお、合計2体分のリンク素材になれるチューナーとして見た場合、条件もコストもない《幻獣機オライオン》が競合相手となる。
 レベル1である点や2回チューナーとして扱える点を活用したいが、その場合も《ジェット・シンクロン》と競合する。
 手札消費が荒いなどで手札コストを賄いづらいデッキなら、発動条件があるとしても優先することも考えられる。

 サイキック族レベル1・チューナーステータスに恵まれ、《緊急テレポート》《念動収集機》《ワン・フォー・ワン》サポートカードは豊富。
 ただし、サイキック族レベルチューナーにはコンボパーツさえあれば1枚からシンクロ召喚できる《サイキック・リフレクター》が存在する。
 あちらと違って地属性なので《ナチュル・ビースト》シンクロ素材になることもできるが、やはり自己再生効果を持つ点で差別化したい。

 それ以外では【帝コントロール】リリース要員として採用する手もある。
 《黄泉ガエル》と違い、帝王などの魔法・罠カードが存在しても自己再生できるのが最大の利点。
 いくつかの帝王カードに指定されているエクストラデッキが0枚という条件も、このカード自己再生条件と合う。
 また、《帝王の開岩》適用下では《緊急テレポート》特殊召喚した自身をリリースしてアドバンス召喚しつつ、次のサーチできる。
 これにより次のターン以降もアドバンス召喚の準備が整えられる理想的な流れを作れる。

 変わったところでは、フィールドから除外されることを利用して、《PSYフレームロード・Λ》効果トリガーにする事ができる。

  • 日本でのカード名は「revive(生き返る)」と「bible(聖書)」を、英語名は「recover(回復する)」と「cover(本の表紙)」を掛けたものだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《リ・バイブル》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 地属性 サイキック族 攻700 守300

広告