《リグレット・リボーン/Regretful Rebirth》

通常罠
自分フィールド上のモンスターが
戦闘によって破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
そのモンスター1体を選択して自分フィールド上に表側守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは自分のエンドフェイズ時に破壊される。

 遊戯王5D's TAG FORCE4 付属カードで登場した通常罠

 普通に使う分には《時の機械−タイム・マシーン》《奇跡の残照》下位互換にあたる。
 自爆特攻から発動すると蘇生したターンエンドフェイズ自壊してしまう。

  1. 自壊する
  2. 相手コントロール奪取したモンスター特殊召喚可能
  3. ダメージステップ守備表示特殊召喚する

 この3点を活かせなければ採用の余地は無い。

 戦闘破壊自分からの効果破壊の両方で効果発動するモンスターに使用していくことになる。
 《ダンディライオン》《エア・サーキュレーター》《ゴブリンゾンビ》等、この条件に当てはまるモンスターはそこそこ数がいるので採用してもいいだろう。

  • 「リグレット(Regret)」とは「後悔」「残念な」という意味。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:対象をとりますか?
A:はい、戦闘破壊され墓地へ送られたモンスター1体を対象にとります。(09/09/17)

Q:自分エンドフェイズ破壊される効果チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作られません。(09/09/17)

Q:自分エンドフェイズ破壊される効果は、何らかの効果で一度破壊を免れた場合同一ターンにもう一度発生しますか?
A:いいえ、発生しません。(13/01/11)

Q:自分エンドフェイズ破壊される効果は「次の自分エンドフェイズ」と指定していませんが、何らかの効果で一度破壊を免れた場合次のターンにもう一度発生しますか?
A:はい。フィールドに存在するならば特殊召喚した次の自分ターン、あるいはそれ以降のターンにも発生します。(13/01/11)

Q:このカード特殊召喚したモンスター《禁じられた聖槍》発動した場合、そのターンエンドフェイズ破壊を防ぐ事ができますか?
A:いいえ、その場合でも破壊されます。(14/10/16)


Tag: 《リグレット・リボーン》 通常罠

広告