《リトマスの()剣士(けんし)/Litmus Doom Swordsman》

儀式・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻   0/守   0
「リトマスの死儀式」により降臨。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
罠カードの効果を受けず、戦闘では破壊されない。
(2):罠カードがフィールドに表側表示で存在する場合、
このカードの攻撃力・守備力は3000アップする。
(3):儀式召喚したこのカードが相手によって破壊された場合、
自分または相手の墓地の罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

 COLLECTORS PACK 2018で登場した闇属性戦士族儀式モンスター
 罠カード効果を受けず戦闘破壊されない永続効果罠カードが存在する場合に自己強化を行う永続効果儀式召喚した状態で破壊された場合に自分相手墓地罠カード1枚を自分フィールドセットする誘発効果を持つ。

 (1)は、罠カード効果を受けず戦闘破壊されない耐性
 相手罠カードを使ってくるとは限らず、魔法カード効果モンスターによる除去にも耐性はない。
 自分から《激流葬》などに巻き込む、モンスター効果魔法カード封じと組み合わせるなどコンボを狙いたい。
 サーチ手段の多い儀式モンスターということも相まって活用の幅は広いため、この耐性を主体的に活用したデッキを組むべきだろう。

 (2)は、罠カード表側表示で存在する場合、攻撃力守備力が3000アップする効果
 相手罠カードにも対応するとはいえ、基本的には自分永続罠を用意する必要があるだろう。
 攻撃力3000は最上級モンスターの基準といえる攻撃力であるが、罠カードが全て除去されると共に0となり、貫通を含む大きな戦闘ダメージを受けてしまう。
 特に、(1)の戦闘破壊耐性と相まってサンドバッグにされる危険性が高い。
 《宮廷のしきたり》永続罠破壊から守るだけでなく、自身も永続罠であるのでこのカードと相性が良い。
 0から3000という極端なステータス変化は《財宝への隠し通路》《進化する人類》コンボできるが、それらは永続罠ではないため採用には一考が必要。
 3000の攻守を維持するのに永続罠に目が行きがちだが、通常罠カウンター罠でもステータス変化は起こる。

 (3)は、儀式召喚したこのカード相手破壊された場合、自分相手墓地罠カード1枚をセットする効果
 このカードは(1)の戦闘破壊耐性があるため自爆特攻もできないので効果発動できるかは相手に依存する部分が大きい。
 能動的に使うのはあきらめ、間接的な魔法カードモンスター効果による破壊耐性と考えた方がいいだろう。

 自身を対象にした《リビングデッドの呼び声》《竜魂の幻泉》などの蘇生カードが、完全蘇生且つ強化カードと化す。
 ただしそれらが除去された場合、(1)により自壊はしないものの、他に永続罠がなければやはり低ステータスを晒すことになる。
 よって相手罠カードの全除去効果無効による弱体化、もしくは破壊を伴わない除去を狙ってくることになる。
 後者に関しては、《闇次元の解放》による帰還に対応しており除外には比較的強い。

 儀式召喚も可能な永続罠である《リターン・オブ・ザ・ワールド》との相性は悪くなく、複数枚採用した場合に、1枚目で儀式召喚し、2枚目以降は(2)の強化の維持に利用し、状況次第で2体目以降のこのカード儀式召喚に利用できる。

 「永続罠を維持する」というコンセプトが一致する【ウィジャ盤】アタッカー、更には《ウィジャ盤》の再利用役としての採用も考えられるか。

  • カード名の由来は「リトマス試験紙」だろう。
    カード名の「リトマスけんし」から「の」を取って読むと「リトマスしけんし」になる。
    モチーフの名称に少し足しただけだが、「死の剣士」というシリアスな響きやイラストは元ネタを一見して感じさせないものになっている。
  • リトマス試験紙はリトマスゴケなどを原料に作られた実験用器具で、酸性であれば赤くアルカリ性であれば青く変色する。
    日本では小中学校の理科の実験で用いられる。
    特定の状況で変化することから、変化の影響などを指す比喩としても用いられる。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE シリーズではアニメ版と同じ効果で1の時点からオリジナルカードとして登場していた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《リトマスの死の剣士》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 戦士族 攻0 守0

広告