《リボーン・パズル/Puzzle Reborn》

通常罠
自分フィールド上のモンスター1体のみが
カードの効果によって破壊された場合、その1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。

 スターターデッキ(2013)で登場した通常罠
 《時の機械−タイム・マシーン》効果破壊版とも呼べる効果を持つ。

 発動条件は「1体のみが破壊された」場合。
 よって、《サンダー・ブレイク》等で1体だけ破壊された場合なら発動できるが、《ブラック・ホール》等で1度に複数のモンスター破壊されると発動できない。
 《ブラック・ホール》で1体だけ自分モンスター破壊された場合は発動できる。

 防御手段としては、ライフコストはあるが対応範囲が広く無効にして破壊もできる《我が身を盾に》の方が信頼性が高い。
 自壊など能動的に使う要因があるか、特殊召喚することでアドバンテージになるモンスターと組み合わせたいところ。
 自壊によって《スクラップ・ファクトリー》効果を使えるスクラップに採用するのもありか。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:破壊されて除外されたモンスターも選択できますか?
A:はい、選択できます。(13/03/16)

Q:ペンデュラムモンスター破壊されてエクストラデッキ表側表示で加わった場合、発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(16/01/28)

Q:《ブラック・ホール》等で自分モンスター1体のみと相手モンスターが同時に破壊された時に発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/03/16)


Tag: 《リボーン・パズル》 通常罠

広告