《リボルバー・ドラゴン/Barrel Dragon》

効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2600/守2200
相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。
コイントスを3回行い、その内2回以上が表だった場合、そのモンスターを破壊する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 Vol.7で登場した闇属性機械族最上級モンスター
 相手フィールド上のモンスター破壊する起動効果を持つ。
 《ガトリング・ドラゴン》融合素材

 破壊効果は成功確率が1/2と確実性に欠けるものの、うまくいけば毎ターンコストを払わずに相手モンスター破壊できる。
 また、効果発動時破壊が不確定である点は、《我が身を盾に》《マテリアルドラゴン》無効化されないメリットとも捉えられる。
 高い制圧力を誇る《スターダスト・ドラゴン》を意に介さず効果発動でき、おまけに戦闘破壊まで可能なのは嬉しい。
 効果の成功率も《セカンド・チャンス》で上げる事ができ、《レベル制限B地区》等で攻撃を封じられても、効果モンスター除去が行える。

 機械族であるため、《リミッター解除》《強化支援メカ・ヘビーウェポン》等といった強力なサポートカードも使う事ができる。
 《キメラテック・オーバー・ドラゴン》《終焉の焔》《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》といったカードにも対応し、シナジーも抜群。
 《ガトリング・ドラゴン》融合素材でもあり、《オーバーロード・フュージョン》《パワー・ボンド》に対応している。
 総じて、通常召喚可能な最上級モンスターの中では強力なモンスターであるといえる。

 フィールドに出す方法としては、妥協召喚した《可変機獣 ガンナードラゴン》から《機甲部隊の最前線》リクルートするのが最も有効。
 この方法で特殊召喚可能なモンスターの中で最も攻撃力が高いのはこのカードである。
 ただし、これ以外には有効な特殊召喚手段が乏しいので、手札に来たこのカードフィールドに出すには《死皇帝の陵墓》《終焉の焔》辺りは必須となる。
 手札から出すのは諦めて《マシンナーズ・フォートレス》《闇の誘惑》等のコスト《E・HERO プリズマー》等で墓地へ送り、蘇生帰還につなぐのが最善の策かもしれない。

  • Vジャンプによるレジェンドモンスター総選挙の投票結果では全20体中、8位だった。
  • カード名の通り、「リボルバー(Revolver)」の頭を持つ。
    「リボルバー」では「回転式拳銃」とも訳され、文字通り回転式の弾倉を持つのが特徴。
    構造が単純な上に保守も容易で信頼性も高く、日本を含む銃の携帯が許されている国では護身用・警察用として需要がある。
  • アニメGXにおいて、三沢がデュエルディスクによりこのカードのソリッドビジョンを出し、爆音で十代達を叩き起こした。
  • アニメ5D'sのバーバラの回想シーンにおいてクラッシュタウンのデュエリストがこのカードを使用していた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは効果を持たず、オリジナルのテキストが存在する。
    「3つの銃身から弾を飛ばし相手を同時に攻撃できるという」と書かれている。
    当時機械族モンスターは多くが悪魔魔族であり白魔族に弱かったが、このカードはそれに強い黒魔族であった。
    後に登場したGBA版では、一定確率で最大3体まで相手モンスター破壊できるという原作に近い効果になっていた。

関連カード

収録パック等

広告