《リボルバー・ドラゴン/Barrel Dragon》

効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2600/守2200
(1):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
コイントスを3回行い、その内2回以上が表だった場合、そのモンスターを破壊する。

 Vol.7で登場した闇属性機械族最上級モンスター
 コイントスの判定次第で相手フィールドモンスター破壊する起動効果を持つ。
 また、《ガトリング・ドラゴン》融合素材でもある。

 成功確率が1/2と確実性に欠けるものの、うまくいけば毎ターンノーコスト相手モンスター破壊できる効果を持つ。
 登場当初や2期環境前半では【機械族】デッキにおいて重宝される場面もあったが、「毎ターンモンスター1体を除去できる」というカードは今ではさほど珍しくない。
 レベル6の《ブローバック・ドラゴン》は同条件で魔法・罠カード破壊できる効果を持っており、攻撃力が300低いとはいえ効果はほぼ上位互換といえる。
 《トゥーン・リボルバー・ドラゴン》攻撃できないデメリットこそあるが、同じステータス魔法・罠除去も可能。
 リメイクである《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》は自身を特殊召喚する効果を持っているため手札事故の可能性が低く、さらに同条件で最大3枚までモンスター破壊できるなど、こちらに比べて使い勝手がよい。
 残念ながら、長きにわたるインフレに取り残されてしまったカードであると評価せざるを得ない。

 あえてこちらを使うのであれば、自己特殊召喚能力を持たない点をいかにカバーするかが課題となる。
 フィールドに出す方法としては、妥協召喚した《可変機獣 ガンナードラゴン》から《機甲部隊の最前線》リクルートするのが有効。
 この方法で特殊召喚可能なモンスターの中で最も攻撃力が高いのはこのカードである。
 ペンデュラムスケール8のペンデュラムモンスターを使って手札からペンデュラム召喚する手もある。
 上記の《可変機獣 ガンナードラゴン》と共に特殊召喚でき、除去効果を使った後でエクシーズ召喚も可能。
 除去されそうになったら、《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》リリースしてカバーをしてもいいだろう。

 《ガトリング・ドラゴン》融合素材であるため《融合準備》サーチできる点は、《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》等にはないこのカードならではの利点といえる。
 また、こちらは裏側表示モンスター破壊できる。
 《ガトリング・ドラゴン》及び融合素材相手の《ブローバック・ドラゴン》共々、効果の成功率は《セカンド・チャンス》で上げられる。

  • Vジャンプによるレジェンドモンスター総選挙の投票結果では全20体中、8位だった。
    この結果を受けてかは定かではないが、後にトゥーン化した姿で再登場することになる。
  • カード名の通り、「リボルバー(Revolver)」の頭を持つ。
    「リボルバー」では「回転式拳銃」とも訳され、文字通り回転式の弾倉を持つのが特徴。
    構造が単純な上に保守も容易で信頼性も高く、銃の携帯が許されている国では護身用・警察用として需要がある。
  • 原作・Rでのイラストは右上に砲身を掲げたものだった。
  • アニメGX第36話において、三沢がデュエルディスクによりこのカードのソリッドビジョンを出し、爆音で十代達を叩き起こした。
    また影丸が三幻魔に精気を吸い取らせる場面で、万丈目兄弟のジュラルミンケースの中で吸い取られていくモンスターの中に確認できる。
  • アニメ5D's「クラッシュタウン編」第86話のバーバラの回想シーンにおいて、クラッシュタウンのデュエリストがこのカードを使用していた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM4までのゲーム作品では効果を持たず、オリジナルのテキストが存在する。
    「3つの銃身から弾を飛ばし相手を同時に攻撃できるという」と書かれていた。
    当時機械族モンスターは多くが悪魔魔族であり白魔族に弱かったが、このカードはそれに強い黒魔族であった。
    DM7・8では、最大3体の相手モンスターをそれぞれ50%の確率で破壊できるという原作に近い効果になっていた。
    真DM2では「表に返すと、自分以外のカードの一つをランダムに選び破壊する」という効果を持っていた。
    ステータスも相まって強力に見えるが、ランダム性が強くコストも高いのもあり使いにくかった。

関連カード

融合関連

―《リボルバー・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《リボルバー・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 機械族 攻2600 守2200

広告