《リミット・コード》

通常罠
このカード名のカードはデュエル中に1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地にサイバース族リンクモンスターが存在する場合にこのカードを発動できる。
そのモンスターの数だけこのカードにカウンターを置き、
EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚し、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
このカードのカウンターを1つ取り除く。
取り除けない場合このカードを破壊する。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した通常罠
 発動時に自身にカウンターを置き、エクストラデッキからコード・トーカー特殊召喚する効果維持コストとしてカウンターエンドフェイズに取り除く、または自壊する効果を持つ。

 自分墓地サイバース族リンクモンスターが1体以上存在することを発動条件として、エクストラデッキからコード・トーカー特殊召喚する効果だと考えてよいだろう。
 【サイバース族】なら条件は簡単に満たせ、またモンスター効果無効化されることもない。

 墓地に2体以上のサイバース族リンクモンスターが存在していれば、複数ターンに渡ってこのカードを維持することも可能ではある。
 しかし、このカード自身が除去されるとコード・トーカー自壊し、現環境では魔法・罠除去はありふれているので除去される可能性は高い。
 無理に維持しようとせずに、すぐにリンク素材とする方がよいだろう。

  • アニメ版では永続罠であり、テキストは以下の通り。
    永続罠 
    このカードが自分のフィールドまたは墓地に存在する場合、このカード名のカードは発動できない。
    (1):このカードの発動時の効果処理として、
    自分の墓地のサイバース族リンクモンスターの数だけ、このカードにリミットカウンターを置く。
    その後、EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚し、
    このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
    (2):自分エンドフェイズにこのカードのリミットカウンターを1つ取り除く。
    このカードのリミットカウンターが全て取り除かれた時に装備モンスターは破壊される。
    (3):このカードがフィールドから離れた時に装備モンスターは破壊される。
    同名カードフィールド墓地に存在する場合に発動できないという珍しい制約を持っていたが、OCGではデュエル中1度の効果として変更されている。
  • 劇中では「リミットカウンター」を置く数と処理については説明されているが、それ以外の処理については語られずに墓地へ送られている。
    このため、視聴者側は劇中内のテキストを読まない限り「リミットカウンター」が何の役割を果たすのかについて把握できないままとなっている。
    アニメでは基本的に、デュエル展開に作用しない効果は説明だけはするか説明を省くかのどちらかが多いのだが、中途半端に説明を終えたケースは珍しい。

関連カード

装備カードになる罠カードこちらを参照

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《リミット・コード》 通常罠

広告